熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2016年08月01日 県内調査に行ってまいりました 〜 兵庫県西播磨・津山・美作・阿波地域

7月12日・13日の二日間、総務委員会の県内調査に行ってまいりました。県内調査とはいえ、今年から近隣県の調査も対象となっております。

まず1日目は、兵庫県西播磨県民局の視察に行ってまいりました。県民局といいますと、岡山県では、9つの県民局を統廃合し、現在では、備前・備中・美作の3つの県民局になりました。ところが、兵庫県では6つの県民局を10に拡大し、行政施策が地域の末端まで行き届くように考えられています。そのような意味では、岡山県も県民局の在り方を考えなおしてみる必要があるのではないかと思います。

西播磨市は、岡山県と隣接していることもあり、県際交流を進めております。日生の牡蠣祭りや、津山さくら祭りなどとも連携をして、観光客の交流を図っています。平成14年に建設された西播磨総合庁舎は建設費38億円、この地域全体を播磨科学公園都市構想のもとに森の中の都市を目指して作られております。例えば、大屋根が庁舎全体を覆っており、自然の風が通風できるようになっている建物となっていました。

西播磨県民局の最大の問題は、人口減問題です。平成22年の国勢調査では27万2千人でしたのに、平成28年5月1日では推定25万8千人となっております。わずか5年あまりで1万4千人の人口減を見ています。そこで、西播磨地域では人口減対策として、<「結婚」っていいなキャンペーン>を推進しています。私は、すぐ隣が岡山県の備前市ですから、備前市と連携してこのキャンペーンの推進をしたらいかがかと提案をいたしました。

さて、西播磨県民局が位置する播磨科学公園都市には、SPring-8(スプリング8)があります。SPring-8とは、世界最高性能の放射光を生み出すことができる大型放射光施設であり、国内外の研究者向けの共同利用施設です。放射光とは、電子を光とほぼ等しい速度まで加速し、磁石によって進行方向を曲げた時に発生する細く強力な電磁波だそうです。この放射光を用いて、物質科学・地球科学・生命科学・環境科学・産業利用など幅広い研究が行われております。
播磨科学公園都市では、2万5千人程度の人口都市づくりに挑戦しています。それを聞きながら、岡山の吉備高原都市構想を思い出しました。3万5千人の人口都市を造る予定で進めましたが、全くだめでありました。「2万5千人都市構想づくりは実現するのですか」と質問しましたら、「全くそういうつもりはありません」という答えが返ってきましたので、少し残念に思いました。

それから、津山洋学資料館に車を走らせました。洋学とは、江戸時代に西洋からもたらされた学問の総称です。津山市は、宇田川榕菴や箕作阮甫など、日本の近代化に貢献した優れた洋学者を輩出しております。昭和53年、中国銀行津山東支店の建物を利用し、全国でも珍しい洋学を専門にした資料館が作られました。館蔵・寄託等の著訳書・書簡・医療器具・書画など、約9‚400点の資料が収蔵されています。
岡山には日蘭協会がありまして、私もその会員の一人であります。4月18日に、さん太ホールで日蘭協会のシンポジウムが開かれ、箕作阮甫について拝聴しました。箕作一門の譜系を見て、近代日本に大きな影響を与えた素晴らしい人々に感銘を受けました。
津山洋学資料館は、重要伝統的建造物群保存地区である城東地区にあり、周囲には国指定史跡「箕作阮甫旧宅」や、国登録有形文化財である「城東むかし町家」(旧梶村家住宅)などがあります。皆さんもぜひ訪ねてみてください。


2日目は美作高等学校を訪ねました。美作高等学校では、厳しい生徒減の中で、いかに特色のある学校教育で次代を担う若者たちを惹きつけるか、様々な取り組みが行われております。
第1の特色は、国際交流です。1996年にオーストラリア・エメラルド高校と姉妹校提携をし、現在でも半年ごとの交流が続いています。第2の特色は、通信制課程の導入です。2001年に地域における青少年健全育成の一助にと設置され、2008年には文科省「教育改革推進モデル事業」指定校となりました。高校に行けなかった・卒業できなかったが、学びたいと思う青少年が学習し、高校卒業資格を得ることができる制度です。年間30日程度のスクーリング、2週間ごとのレポート、単位認定試験というスケジュールで、単位制となっています。地域の中学・高校から入学者があり、現在では138名が在籍をしています。地域の青少年育成の健全育成、そして、地域に残る若者の育成につながっているそうです。

また、現在の取り組みとしては、下記のようにお聞きしました。今後の発展に期待をいたすところであります。
1.「地域立の学校」として、「地域とつなぎ、地域から学ぶ」教育
2.「わかる授業作り」で「行きたい」学校に、自主教材作りの奨励
進学系・実務系の2系統で運営、8コースと20系で一人ひとりを伸ばす
3.エクセル特進コースの充実・発展を、地域に貢献できる有用な人材育成
4.美作大学コースの「サテライト教室」
5.先駆的な高校ユネスコ活動

視察の最後の目的地は津山市阿波地域でした。かつて阿波村といわれていた地域は、今から10年前の市町村合併で津山市に組み込まれました。しかし、この10年の間に、小学校がなくなり、ガソリンスタンドがなくなり、幼稚園がなくなり、役場の規模が縮小されました。そして、人口700人ほどの村から145人ほどの人が村を離れていきました。慌てふためいた地域の人達は「あば村宣言」をし、活性化する地域の拠点づくりに村をあげて取り組んでいます。

私は2年前にこの地域を訪ねたことがありまして、地域活性化の指導的役割を果たしている小椋さんや皆木さんにも再会をいたしました。当時は、阿波村立小学校が津山市に編入され、地域の子供達がバス通学で村を離れることになった時期でした。私は、「6歳になったら村から出て行け、というようなことをしてはだめです。どんなに子どもの数が減っても、村に学校を残すことに力を尽くさなくてはなりませんよ」とお話をさせていただきました。お二人ともこのことを覚えておられましたので、「あば村宣言」というならば、もう一度、小学校の開校を考えてもいいのではないかと申し上げました。

また、公民館や役場、郵便局や児童館、温泉交流館や加工工場などが中心部に集中していますけれども、高齢化率が上昇している中で、病院や診療所が必要なのではないかと提案しました。そして、「働く人がいて、働く場所がある」ことが、村の活性化には非常に重要であります。産業振興や企業誘致などを考え、阿波村の復活を図るべきではないかと、意見を申し上げました。


役場とは、そもそも、地域の人達の役に立つ場所であります。その規模がどんどん縮小していくということは、行政とのつながりにおいて役所の果たす役割が縮小していくことであります。阿波地域運営のための予算は、今では津山市の地域振興課からの交付金となっております。自分たちで予算を考え自分たちが執行するという体制がなかったら、いちいちお金を使う時に市役所にお願いをすることになります。本当に地域に目が届き、細かい配慮で施策を行うことができるでしょうか。まことにまどろっこしく、隔靴掻痒の感がいたします。今後は、そのあたりのことも考えたらいかがでしょうかと申し上げました。

「平成の大合併」は、ある種の時代の流れでありました。大きな波とうねりが押し寄せてきて、たくさんの市町村が合併しました。当時は、合併したことによって繁栄し活性化すると考えられていましたが、まったくその逆になるとは誰も予想しませんでした。阿波地域では、行政が何かをしてくれるという発想ではなく、自分達が何かしなければ村は元気にならないぞ、という発想で取り組まれています。今後の阿波村に大いにご期待申し上げます。

>>記事の一覧はこちら

2016年06月22日 隠岐の島に研修視察に行ってまいりました!

5月30から2泊3日で、県議2名と市議5名、合計7名で隠岐の島に研修視察に行ってまいりました。

隠岐の島には有人島が4つあります。「島の前」と書いて「ドウゼン」と読む3つの島、「島の後」と書いて「ドウゴ」と読む島です。島前の西ノ島町・海士町・知夫里村、そして、道後の隠岐の島町、3町1村から成り立っています。もともとは、道の前・道の後と書きまして、山陰道から見て京都に近いほうが道の前、遠いほうが道の後となっておりました。


5月30日に島前の西ノ島町に入りますと、門脇君という岡山大学の2期後輩、北津寮の後輩が出迎えてくれました。彼は、昨年3月に西ノ島町の副町長を引退したのですけれども、3期12年間、副町長として活躍をいたしました。
門脇君の案内で、まず、玉若酢命神社にお詣りいたしました。隠岐造の本殿がありまして、その入口のところに、樹齢1200年から1300年になる八百杉があります。八百杉には様々な云い伝えがあり、尼僧が、「諸国を行脚して800年たったら、この島にもう一度来るからね」と植えたといわれております。
玉若酢命神社の隣には、神社の宮司さんで隠岐国造の末裔である億岐家があります。宝物殿には、国の重要文化財に指定されている駅鈴(えきれい)と、億伎倉印(おきそういん)という印鑑が納められています。駅鈴とは、国の使いである国造が、この駅鈴を持って郵便のような働きをする際の公の証であり、大変貴重なものです。また、隠岐の国が昔から栄えていた証でもあります。

続いて、国分寺にお参りいたしました。昨年、本堂が新しく建立されて再建されたばかりだそうです。国分寺は、後醍醐天皇がお流された時に、行在所としてお住まいになっていたといわれています。しかし、必ずあるはずの文献や伝説といった類のものが、一切伝わっておりません。私自身は、後醍醐天皇はこの地にお住まいになっていない、そういう思いがあります。西ノ島町には黒木御所というところがありまして、後醍醐天皇はそこにお流されになったと、私は確信しています。
その後、名水100選に選ばれている壇鏡の滝を視察しました。滝を裏から見られる祠があり、私達はしばし瞑想にふけりました。

夕方になりますと、福浦港から船に乗り、ローソク島の夕日の遊覧に出かけました。船頭さんは福浦さんといいまして、その息子さんのお嫁さんが私の姪であります。大変懐かしくお話をしました。と同時に、別に観光に来られていたお客様の中に空手の先輩がおり、偶然の出会いにびっくりいたしました。
残念ながら、今回は、雲間から漏れる夕日がローソク島の頂点と重なるという偶然は得ることができませんでした。福浦のおじさんは、私達のために、なんとか美しいローソク島の夕日を見せてやりたいという思いで懸命に操縦してくれ、感謝しております。
その夜は、岩牡蠣やあわび、さざえやのどぐろなど、隠岐の魚介類をバーベキューで堪能いたしました。


翌日は、フェリーで島前に渡りました。昼食には、最近はなかなか食べられず、幻といわれる隠岐牛に舌鼓を打ちました。それから船に乗り、知夫里島に渡りました。知夫里島では、ざっくりとえぐられた赤茶色の岩肌を見せる赤壁のほぼ真上に立って、吸い込まれるような気分を味わいました。そして、そこから赤ハゲ山の頂上に登りました。
通常ですと、頂上から360度の景色が見られるのですが、視界数メートルという霧に包まれて、まったく何も見えない状況でありました。「次にまた来ようね」と課題が残され、それも意味があったのかなあと思っております。

その夜は、隠岐島前高校の隠岐國学習センター所長、文部省から派遣されている地域魅力化コーディネーター、地元役場の地産地消課長、Iターンでぶどう作りに挑戦している人、そして、海士町議会副議長の兄も一緒に、海士町の活性化策について意見交換をいたしました。

海士町のテーマは、「ないものはない」であります。「なくてもよいものはない、必要なものは全てある」という意味で、Iターンの若者たちの自立と挑戦、交流を推進しています。かつては若者が出て行って帰らないと嘆いていた海士町ですが、今や、5年で202人のIターンを迎え、住宅建築ラッシュです。島外から優秀な頭脳をいかにして呼びこむかという策を打ち出しており、そのチャレンジ精神と取り組みたるや素晴らしいものがあると、感心をいたします。
しおかぜファームという隠岐牛の生産出荷にあたっている組織、セルアライブシステムという細胞を凍結するCAS凍結センター、承久海道キンニャモニャセンターや、海士乃塩を造る海士御塩司所など、これらの施設は全て公設民営であります。つまり、公が資本を提供し施設を作り、民間の智恵と力を活用していくことで、ことごとく成功してきたのです。

役場は、町民・住民に対して、役に立つ場所である。つまり、役場の原点である現場主義に立ち返り、株式会社海士町役場という発想で現場の住民の思いを第一に考え、行政と施策を行い、公共サービスを提供しています。行政の世界は、ややもすると、年功序列というか、縦割り行政といったようなことが横行しております。ところが、海士町では、現場主義という立場に立ち、縦割り行政の仕組みを排除し年功序列制度を廃し、適材適所の策などを打ち出してきました。そのような意識改革に成功したというところが、一番素晴らしいところかなあと思います。


三日目は、海士町の後鳥羽上皇を御祭神とする隠岐神社へお詣りし、その後、金光寺にお参りしました。副遣唐使の小野篁(おののたかむら)を知っていますか。小野小町のお祖父さんと言ったほうが分かるでしょうか。小野篁は隠岐の島に流され、金光寺の六社権現に100日の願をかけたといわれています。
金光寺の公衆トイレには、お筥所(おはこどころ)という立て看板があります。まさに宮中言葉です。名前から察するように海士町と宮中との関わりが忍ばれます。この他にも、この島にはたくさんの宮中言葉が残されているといわれています。

その後、国賀海岸を散策し、国賀めぐりに出発しました。この日は海が荒れており、日本海の荒波に洗われた延々と続く断崖絶壁を船から眺めました。かのアルプスト登攀者も克服できないという、257mの大絶壁の摩天崖は誠に壮観でありました。


中山間地域の活性化や、村おこし・町おこしにあたっている人は、一度は海士町を訪ねてみるといいと思います。なぜ、隠岐島前高校の魅力化事業が成功したのか、その取り組みを学ぶことは非常に役に立つと思います。
隠岐島前高校は、去年、今年と、島根の県立高校で最高の倍率を誇りました。進学率も素晴らしく、国公立大学をはじめ、慶応大学や早稲田大学へと進学しています。また、今年は50年ぶりに岡山大学へ入学した後輩が誕生しました。高校では、寮も完備されています。寮費が食事付で1ヶ月2万円なのです。また、進学から就職まで一番の鍵を握っているのは、公立の隠岐國学習センターでありまして、月謝は1万円です。3万円あれば、高校生活が満喫できるという環境を整えているのです。

>>記事の一覧はこちら

2016年05月26日 政策研究会 波多洋治岡山県議・市議 隠岐国の旅

5月30日から6月1日まで、2泊3日で県議・市議の皆さんと、隠岐の島へ行ってまいります。

出発が朝6時前と非常に早いのですが、岡山から米子まで高速道路を走り、七類港を朝9時発のフェリーで隠岐の島に向かいます。11時半頃に西郷港に到着予定でありまして、そこでは、岡山大学の北津寮の後輩でもある隠岐の島前副町長が出迎えてくれます。午後からは、世界ジオパークに認定された素晴らしい景観や、由緒ある歴史的遺産を視察します。そして、夕方には、ローソク島の夕日を見る予定です。日が沈む頃には、岩の突端に夕日が重なりローソクの灯が灯るかのような風景があります。


翌日は、西郷から島前に渡ります。島前は人の住む3つの島があり、その中の島が私の生まれ故郷です。現在、離島振興の取り組みにより非常に活性化しており、全国的にも知られております。
私の母校である隠岐島前高校も訪ねる予定です。ここでは、高校と町政が一体となった「隠岐島前高校魅力化プロジェクトチーム」を立ち上げ、高校活性化に取り組んでおります。そして、今年と去年の2年連続で、島根県で最も高い倍率を誇る高校に成長しました。この3月には、母校から二人目の岡山大学合格者が生まれました。50年目にして初めて大学の後輩が誕生し、私は非常に嬉しく思っております。

午後からは、隠岐世界ジオパーク景観のひとつ、知夫里島のアカハゲ山と断崖絶壁の赤壁を視察します。そして、翌3日めには、隠岐最大の景勝地「国賀めぐり」に定期観光船で視察をします。その後、お昼過ぎに隠岐を離れます。二泊三日で隠岐の真髄を見学し味わってまいります。

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら