熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2019年01月13日 1月13日(日)「岡山県薬業振興会」の新年祝賀会ほか

岡山市消防団出初式のため、「六番川水の公園体育館」へ。
議会代表として、舞台上の来賓席に座らせていただきましたが、このたびは挨拶はなしでした。
 
13時。「岡山県薬業振興会」の新年祝賀会のため、プラザホテルへ。
議会を代表してあいさつを行ってきました。
 
「私は子どもの頃ガキ大将で、ケガばかりしていましたが、医者にはかからず、母がヨモギやドクダミを絞って塗ってくれ、それで傷を治していました。
というのも、当時私の暮らしていた地域は無医村で、薬局もなかったからです。
時おり来る、富山の薬売りのおじさんが紙風船をくれるのを、とても楽しみにしていました。食用のキノコと毒キノコの見分け方を、おやじやお袋から教わったものです。
もう60年も70年も昔の話ですが、薬はいつでも病気やケガの支えになっていました。
今日、薬に関しての専門知識を持つ、みなさん方の知見や技術が益々必要とされる社会になりました。みなさんの今後のご活躍を一層期待しております。」
 
その後、「岡山日曜発明学校」へ赴き年頭あいさつを行ってきました。
この学校は、毎月第2日曜の午後「弘西公民館」で行われるものです。発明・発見に興味のある方はぜひ一度参加してみては!
 
17時。岡山県空手道連盟の新年会のため、ロイヤルホテルへ。
会長としての年頭あいさつをしてきました。
東京オリンピックを来年に控え、岡山県の競技力を高めるべく励んでいる、役員、指導者の皆さんに厚く御礼申し上げます。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年01月12日 1月12日(土)「岡山県病院協会」の新年祝賀会

県下各地域の病院長、事務長などで構成される「岡山県病院協会」の新年祝賀会へ出席するため、ホテルグランヴィアへ。
残念ながら、とても不愉快な思いをすることとなりました。
というのも、協会長と逢沢衆議院議員のあいさつのあと、乾杯が行われたのですが、そこからは各自席を立っての名刺交換が始まり、場内はあちこちで話声がする、とてもにぎやかな状態となりました。
であるにも関わらず、そのまま来賓あいさつが組まれていたのです。騒然とする場内で、誰も耳を傾ける者はいない中、橋本岳衆議院議員をはじめ、多くの議員あいさつが続き、私の番が回ってきました。
「こんなやかましいところで授業をしたことは一度もありません!」と一喝。
少し静かになったところで、やっと本題に移りあいさつを終えましたが、いやしくも国の法律を決める立場にある議員たちの話を、もう少しまじめに聞く会であってほしいものだと思います。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年01月11日 1月11日(金)福島恭子県議の事務所開きほか

同志、福島恭子県議の事務所開きがありました。
福島氏の選挙区は東区なのですが、我が後援会の勝矢会長の会社も東区にあることもあり、10数名の社員の方とともに応援に駆け付けました。
 
「選挙は戦い。本日後援会事務所という強固な石垣の城ができました。今日よりは、眠っていると言われている6割の有権者の票獲得に挑まなければなりません。本日お集まりのみなさんのお力添えをいただき、一人でも多くの方に投票参加をお願いしていきましょう」と激励してきました。
 
その後、商工会主催の「御津地区新年互礼会」に出席するため、急ぎ御津文化センターへ向かいましたが、時すでに遅し! 会は終了しており、地元のニララーメンを食べ、スコレーの蘭の花をいくつか購入して帰りました。
 
17時からは、メルパルク岡山にて、私学団体新年会が開かれ、議会を代表して祝いの年頭あいさつを行いました。
平成30年度は私学助成金として112億円が予算計上されていましたが、ただ今31年度の予算編成に向けて動いている最中です。今後も県としてしっかりサポートしていきたいです。
 
18時半。「十一クラブ」の1月例会のため、アークホテルへ。
幹事として年頭あいさつを述べてきました。
 

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら