熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2018年05月26日 5月26日 隠岐の島へ

朝4時起床で岡山駅へ。5時30分発の電車に乗り、私の故郷隠岐の島へ向け出発しました。
「十一クラブ」研修の始まりです。
9時。七類港から、フェリー「しらしま」に乗り、一路隠岐の島西郷港へ向かって出航。
港に到着すると、「おきの旅工舎」の中西さんが出迎えてくれ、そのまま昼食会場へと向かいました。用意されていたのは、日本海の冬の荒波にもまれて育った岩ノリにくるまれた、サザエご飯のおにぎりや、もずく、いかめし、隠岐牛のステーキなど、故郷の味がたっぷり詰まった豪華なものでした。
 
 
昼食後、バスに乗った一行は「隠伎家」へ。
「隠伎家」には、隠岐の国の駅鈴や隠岐の印が奉納されています。それらを鑑賞したのち、すぐお隣の「玉若酢神社」を参拝、境内に立つ樹齢1300年の八百杉を鑑賞しました。しめ縄が張られた太い幹は、大人8人が手をつないでやっと届くという巨大さでした。
そのあと、隠岐の島町の山深くへと進み、「壇鏡の滝」に辿りつきました。
嵯峨天皇の怒りに触れた、参議の小野篁(おの の たかむら)が、滝に打たれ一心不乱に帰京を願った場所です。現在、この滝の水は全国名水百選の一つとなっています。
 
 
夕刻が近づく頃、福浦港から観光船に乗り、念願だった“ローソク岩”の鑑賞へ。
海の中に立つローソクの形をした岩に夕日が落ちる瞬間をとらえるべく、船はスピードを増して絶景ポイントに。見事ローソクに火が灯ったような一瞬の光景を目にした参加者たちは、全員ため息が漏れるような満足感に浸りました。しかし、実際には、この一瞬の絶景を是が非でもカメラに収めようと、席をゆずりあったり、角度を変えてみたりと船上は慌ただしく、じっくりとその美しさを鑑賞できたのは写真を介してでした。
 
 
この日の宿泊先は「海音里」でしたが、夕食は館内ではなく港のそばにある「福浦家」で。
ここは姪の嫁ぎ先です。おやじが漁師ということもあり、新鮮な海の幸をふんだんに使った料理の数々に舌鼓をうちつつ、大満足のうちに旅の初日は過ぎていきました。
 
 
旅の後編はまた後日報告しますのでお楽しみに!

>>記事の一覧はこちら

2018年05月25日 5月25日(金)表彰式にて祝辞、行政書士会総会

県庁3階の大会議室にて、永年勤続の町内会長等の知事表彰式が執り行われました。
議会を代表して、その功労とご労苦に対して以下のように感謝の言葉を述べました。
「作家、五木寛之氏の「辺界の輝き」という著書の中に“末端の活性化こそ大切だ”という記述があります。岡山が活性化してこそ国が活性し、地方の活性があって県の活性がある。と説いています。これを体に例えるならば、手足が活発に動いてこそ元気な体と言えるわけです。地方行政の末端組織のリーダーである町内会長におかれましては、地域社会活性のためにご尽力をいただいていることに感謝いたします。」
今回、表彰された40名の方々の中には、私の教師時代の大先輩である、上林先生と空手の大先輩である、福井氏がおられ大変嬉しかったです。今後益々のご活躍をお祈りしております。
 
午後6時半。豊浜町にあるカニ料理専門店「甲羅本店」で、「協同組合岡山鉄工センター」の通常総会が開かれました。
長きに渡り組合理事長としてご活躍していただいた湯浅さんが勇退され、後任に桑原さんが就任されて平成30年度がスタートしました。
前理事長の湯浅さんへの謝意と、組合の今後益々の発展に向け、新・桑原理事長を中心に団結されることを期待している旨を述べあいさつとしました。
 
その後、「岡山県行政書士会」の総会が行われていた「プラザホテル」へ。
急ぎ馳せ参じましたが、到着時には既に懇親会が始まっていましたが、
「私のキャッチフレーズは“ハタと困ったら波多に頼め。用事があったら洋治に頼め”ですが、行政書士会のキャッチフレーズも「頼れる町の法律家」です。行政に提出する、あらゆる手続き上の書面はすべからく行政書士を通し、企業および住民の皆さんと行政を結ぶ橋渡し役として信頼され、発展されることを期待しています。」とあいさつしました。

>>記事の一覧はこちら

2018年05月24日 5月24日(木) 二四会にて初心表明

「アークホテル」にて、午後6時から「二四会」が開かれました。
「二四会」とは、毎月24日に集い世事万端について忌憚のない意見を交換しあう会で、50年以上つづく歴史ある会です。
今回は、副議長に就任後初の「二四会」ということで、幹事長からお祝いの言葉をいただいたあと、若干のお時間を頂戴して以下のような初心表明を行ってきました。
「名誉ある第69代副議長ですが、決して“名誉職”ではなく、積極果敢に行政に対して攻めの議会でありたいと思っています。我々には、予算配分の権限はありませんが、配分されたものが県民福祉の向上のために適切、妥当であるかをチェックする機関です。行政の単なる後追い追認ではなく、新たな政策の提言も含め、行政と緊張感を持って切磋琢磨したいと思います。

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら