熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2019年01月01日 平成31年元旦 年頭所感

 
あけましておめでとうございます。
本年も、できるだけ多く日常の出来事をご報告していければと思っております。
ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

 元旦を迎えると、“一年の計は元旦にあり”という言葉をよく耳にしますが、私の場合は、県議会議員を志したときから、その心情にいささかの変化もありません。
これまでもこれからも、愛情と情熱を持って、ただ一途に心を燃やして県政と教育改革に取り組んでいく覚悟です。
 
「こぞ今年 貫く棒にかわりなく ただひたすらに 命燃やして」

>>年始あいさつ文

>>記事の一覧はこちら

2019年01月01日 年末を振り返って

新年のご報告をする前に、昨年末の出来事を少しだけご報告しておきます。

平成30年12月27日(木)~29日(土)の3日間、24名の若者たちと共に鹿児島を訪れました。
旅の一番の目的地は「知覧特攻平和会館」です。
大東亜戦争の末期、(小・中・高の教科書をはじめ各種メディアなどでも、今次大戦を“太平洋戦争”と呼称していますが、日本は開戦後初の帝国議会にて、今次大戦を“大東亜戦争”と名付けています。“太平洋戦争”とは、アメリカ軍の主要戦地が太平洋であったことに基づく、アメリカの歴史において用いられている名称です。)
沖縄戦において、人類史上類をみない「特攻」という作戦が実行されました。
飛行機もろとも敵艦に突っ込む、捨て身の攻撃です。これにより、数多くの若者が戦死しました。館内には、彼らの遺品や関係資料などが多数展示されています。

私は4年に一度、この平和会館を訪問し、戦死した特攻隊員の霊を偲ぶと同時に、同行する若者たちに命の尊さや尊厳を説いています。
攻撃直前の若者たちの写真も掲示されていますが、満面の笑みをたたえた、その純粋な表情を見るたびに強い感動を覚えます。

―――この日、隊員は何を思っていたのだろうか。――――
 

 
 
「知覧特攻平和会館」の参道脇には、全国から寄進された、数多くの慰霊灯籠が建立されています。そのなかで、最も新しいものは歌手の北島三郎さんが寄進されたものです。
 
施設には、ゼロ戦の展示もあります。
これは、平成19年に後悔された映画「俺は君のためにこそ死にに行く」の劇中で使われたもので、当時のゼロ戦を忠実に復元したものです。

平和であることが当たり前の社会に生きる、特攻隊員らと同世代の若者たちは、いったい何を感じるのだろうか・・・。
 
 
NHKの大河ドラマ「西郷どん」のラストシーンの舞台となった、城山へも行ってまいりました。
城山を包囲した討伐軍(明治政府)の数5万人。対する薩摩軍はわずか350人。
戦争史のなかでも、最も熾烈で過酷な戦いでした。
包囲された西郷隆盛は、「もぅ、ここでよかろう」との言葉を残し、襟をただし、はるかに東の方向を拝んだのち切腹しました。
「ごめんなったもんじ(お許しください)」と叫び、介錯をした別府晋介もまた、その場で自害しました。
――あぁ~なんと凄まじい戦いだったことか!
 
この西南戦争以降、武力を持って政府に対抗するものはなく、国に対する反逆者とみられていた西郷隆盛も、大日本帝国憲法発布の際、特赦によりその罪を許されました。

明治天皇は西郷隆盛のことをことのほか慕い、いくたびも御製に残されています。
 
「今も世にあらばと思ふ人をしも この暁の夢に見しかな」(明治37年)
「いにしへほ夢とすぶれど誠ある 臣の言葉は耳に残れり」(明治37年)
「思ふこと何につけても偲ぶかな もとゑ定めし人のいさをを」(明治43年)
「身を捨てていさをを立てし人の名は 国の誉れととともに残さん」(明治44年)
「暁の目覚めに思ふかな 国に尽くしし人のいさをを」(明治45年)
 
これらは、いずれも西郷隆盛を熱く思い称える御製です。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年01月01日 1月1日(火)年始会、日配式、新年会

朝5時。朝起き会の年始会へ。逢沢一郎衆議院議員をはじめ、多くの岡山市議が参加されていました。

7時。神道山の日拝式に参加。その後、小川市議と共に本殿にあがり黒住教主から今年の祈念をいただき、世界平和と国家安泰を祈願してきました。
 
11時。総勢12名の波多家一同が集結し、我が家の新年会がスタートしました。
我が家のお年玉は、小学生千円、中学生二千円、高校生三千円と決めていますが、守られたことは一度もありません。
 
13時半。白石八幡宮で開かれた、正月の総代懇親会に出席しました。
 
15時。我が家の隣にある、本家の新年会に。
さながら保育園のようなにぎやかさで、大変活気のある正月にふさわしい楽しい会でした。
 
17時。鹿田小時代の教え子たちがあいさつに来てくれました。
おせち料理を肴に酒を酌み交わし、よもやま話に花を咲かせました。瞬く間に4時間が経過していました。

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら