熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2016年12月17日 金婚式を迎えて =波乱万丈の半生記=  波乱万丈その一

昭和41年10月16日、妻・豊子との結婚式。式場は護国神社、豊子にとっては父の眠る場所でもありました。以来50年の歳月が流れました。

豊子は三歳の時に、大東亜戦争で父を失い(昭和19年5月14日・北支)、以来、母水畑保子は、まさに女手一つで豊子を育て、地元白石小学校から、附属中学校朝日高校から小学校教師への道を目指して岡山大学に進学。豊子、大学3年生の時に、私との初めての出会いがありました。

それは藤沢教授の歴史臨地研究の視察研修で、京都奈良の古寺巡礼に赴いた時であります。京都に向かう列車の席が、図らずも向かい合うことになり、岡大新聞部、噂にたがわず、かなり手強く、革新的であり、私は、戦争で九死に一生を得た明治生まれの父と、拓殖大学に進学した兄の薫陶を受けて、保守こそが真の革新のなれる、という信念があったので、話は始めから真っ向対立気味。
ほとんど協調も妥協もなく、終始マルクス・レーニンの「唯物論」や「唯物史観」を通した物の見方、考え方の論争でありました。私は、その時、すでにマルクス・レーニン主義はもとより、バークレー僧正の「唯心論」をも超える第三の哲学を説いたのであります。

旅を終えたら、空しさも悔しさもあり、それから自分の思いをぶつける手紙を書き続けました。その数たるや何十何百通にも及ぶものでありました。当然返信もあり、その一つ一つを心に刻みながら、残らずスクラップ帳に張り付けて残したのであります。
言うまでもなく、いつしか喧嘩仲間は友情はぐくみ、やがて恋に発展したのであります。そして私の大学卒業を待って、結婚式をあげたのであります。(ちなみに、私の手紙は一通も残っておりません)


私の新卒最初の赴任先は、新見市立明新小学校でした。春爛漫の4月、蒸気機関車が石蟹のトンネルを抜けると、そこは山も谷も人家も、まるで雪国のように、白く霞んでいました。石灰の町であったからです。5年生生36名の担任、子供たちの前に立つことが楽しみで楽しみで、毎日わくわくして教壇に立ちました。
ところが、数週間経過した頃、全校朝礼時に、先輩教師達が誰もいない、という異変が起こりました。やむなく新米教師の私が、全校生徒に号令をかけざるを得ない状況になりました。先輩教師達は何をしていたのか。彼らは、高梁川の河原に集合して、デモをしており、そのために、いつも遅刻して出勤しておりました。

当時、私は学生時代の友人4人(小学校2名中学校、高校各1名)と、同じ家に下宿しており、「子供を犠牲にするストは許せんなぁ」という共通の思いに至りました。そして、ついに堪忍袋の緒の切れるところとなり、4人で頭を突き合わせ、組合を脱退することに致しました。数回の徹夜の後、脱退声明文を作成して、県下の小・中学校長宛に送り、同時に組合に届けたのであります。

翌朝の地方新聞は、裏面一面を割いて、「組合活動は嫌だ」のタイトルのもと、一方的に断罪されたのであります。私達の本意は曲解され、それから凄まじい組合からの攻撃に晒され、のみならず国労からも勤労からも集中放火を浴びることになったのであります。組合のオルグと称する人が、学校に来て、授業中であろうがお構いなく、面会を強要され、人権蹂躙とも思える罵声を浴びせられ、助けるものは誰もなく、孤立無縁の戦いに飲み込まれていきました。

ついに、私の友人3人は、組合に復帰することになりました。私は彼らを助けることができなくて、悲しくて、辛くて、涙を以て、復帰を許したのであります。私は1人、学生時代に培った空手道部の精神あればこそ耐えることが出来たのであります。教師1年目にして、波乱万丈の幕開けとなりました。

>>記事の一覧はこちら

2016年10月31日 教育再生・子ども応援特別委員会の県外調査に行ってまいりました

10月3日から教育再生・子ども応援特別委員会の県外調査に行ってまいりました。

最初に訪問したのは京都にある京都市立洛友中学校です。不登校を経験し克服しようとする昼間部生徒と、様々な事情により義務教育を果たすことができなかった夜間部(二部学級)生徒が、世代や国籍を超えてふれあい学び合う全国唯一の学校として平成19年4月に開設されました。文部科学省より「不登校生徒対象の特別の教育課程編成での教育を実施する学校」に指定されております。平成28年度の春からは、不登校などでほとんど中学校に通わずに卒業した形式卒業者の入学を認めるなど、多様な教育の機会の確保に先進的に取り組んでいます。

現在は、昼間部15名と夜間部29名、合わせて44名が在籍をしています。夜間部の年齢構成を見ますと、10代が1名、20代が1名、40代が2名、50代が7名、60名が5名、70代が13名となっています。そのうち、日本国籍の生徒が7名、韓国朝鮮籍の人が17名、中国籍が5名です。文部科学省の調査では、夜間中学に在籍する人は全国で1800人を超えていますが、その約80%が外国籍であります。この洛友中学校も、75.8%が外国籍の生徒です。世代間を超えて民族国籍を超えて、ともに学び合う学校として文化の共生社会を作っている様子です。

気になった点はといいますと、教職員は26人ですから、一人あたりの生徒数の割合が少ないことです。今後の課題として、新規入学制度の拡大・多様化する学力差に応じた指導法、進度別・適応別クラス編成の工夫による学習の一層の充実化、学齢期の生徒や高齢者等に対する諸条件の整備などが挙げられておりました。今後の取り組みに期待いたしております。


次に訪ねたのは草津市のHOPPAという民間企業が運営する小規模認可保育園です。学習塾では大変有名な京進が経営しており、全国にある382の拠点のうち保育事業は30園を展開しています。来年の4月には兵庫県・神奈川県・千葉県にも新たな保育園が開設されるそうです。

小規模認可保育園でありますけれども、同時に少人数で手厚い保育を目指しています。英語教育に大変力を入れているとうかがい、今回は、英語の授業を視察しました。ネイティブの先生が常駐し毎日英語を集中的に学ばせることで、将来の国際社会に活躍できる人づくりを実践しているとのことです。ほかにも、京進が培ってきた能力開発のためのオリジナルプログラムが導入され、大変先駆的な保育内容であると見受けられます。


翌日は、滋賀の縁創造実践センターの視察でした。<誰もが「おめでとう」と誕生を祝福され、「ありがとう」と看取られる地域づくり>を掲げています。滋賀県社会教育協議会が事務局となっており、「一人の不幸も見逃さない」「気づいたものが実践する」を基本姿勢に、志を同じくする滋賀県内の民間福祉関係者が分野や立場を越えて設立されました。トータルサポートの福祉システム化、制度の充実と制度外サービスへの取り組み推進、縁・支え合いの県民運動のため、地域で暮らすことを支える仕組みづくりと実践が行なわれております。

特に、モデル事業として、制度外サービスへの取り組みがあります。法的に措置されておらず、行政側が見落としている、つまり制度の外にあるもので、センターが自主的に取り組み・実践しているサービスです。例えば、福祉施設を活用したしんどさを抱える子どもの夜の居場所「フリースペース」・児童養護施設や里親家庭の子どもの自立支援事業・成人期のひきこもりがちな人と家族の支援事業などがあります。
また、子どもの貧困対策として、子どものための安全基地、居場所づくりとして「子ども食堂」を推進しています。平成27年からは、「遊べる・学べる淡海子ども食堂」モデル事業が開始され、平成28年には31ヶ所となっています。

私達は、養護老人ホームながはまで開かれている「ながはま子ども食堂」を視察いたしました。地域のつながりをつくり、地域全体で子どもを育て、子どもを中心として地域全体の活性化を目指し、毎月第3水曜日にホームの地域交流スペースで開かれております。包丁などの道具の使い方や配膳など、子ども達にとっては、お手伝いの学習にもなっているようです。参加費は一人200円で、食後の片付け等のお手伝いをすれば無料になります。私としては、裏山を散策したり、メンコやかるた、お手玉などの伝承遊びをしたり、友達同士で一緒に遊んだ後にみんなで一緒に食べるなどしてはどうかと思いました。

これら縁創造実践センターの取り組みは、福祉の新しい手法へのチャレンジであり、滋賀の新しい福祉文化を創り発信していくとうかがい、大変勉強になりました。


その後、京都市内にある漢字ミュージアムを訪ねました。平成28年6月にオープンし、公益財団法人日本漢字能力検定が運営をしています。日本で初めての漢字に焦点を絞った、触れる・学ぶ・楽しむことのできる体験型博物館です。グラフィック展示や映像シアターがあり、資料に触れることのできるハンズオン装置を備えたコーナーもありました。その他も、様々に漢字文化が体験できるようになっており、なかなか興味深いものでした。

現在は常用漢字が使われ、漢字の数は制限されておりますが、本来8万字以上あります。日本が戦争に敗れ、戦後、国語審議会ができました。国語審議会は、当面当座使う「当用漢字」として、漢字を1850字に制限をしたのです。その後、昭和56年になって常用漢字に変わりました。
漢字能力検定協会でも、検定は常用漢字・教育漢字の範囲内で行なわれております。漢字は文化です。ナタやクワと一緒で使わなければ錆びていきます。使われなければ忘れられてしまします。漢字ミュージアムには、もっと自由にもっとオープンに漢字を使い、広めていってもらいたいものです。

最終日は、橿原公苑を訪問し、その後、橿原神宮に雨の降る中お詣りいたしました。

秋雨の 
そぼ降る玉砂利 踏みしめて
橿原宮に 今たどり着く

と、一句詠みました。

>>記事の一覧はこちら

2016年10月13日 48回目の一般質問でした!

9月21日に、48回目の一般質問に登壇いたしました。今回は、ミュージックサイレンについて、婚活支援事業について、児童・生徒の問題行動に対する指導について質問いたしました。

今から20年ほど前、ドイツ・ミュンヘンを訪れたことがあります。市の中心部にはマリエン広場があり、その周りに市庁舎があります。市庁舎には、からくり時計が設置されており、11時・12時・5時になりますと、時を告げる鉄筋の音色に合わせてからくり人形が登場します。まず、騎馬武者が出てきて一騎打ちを演じ、その後は、いろんな人形が多数出てきて踊ります。
この時間になりますと、大勢の観光客がマリエン広場に集まります。皆、からくり人形の一騎打ちを見て拍手をするなど、大変喜んでいました。マリエン広場のからくり時計は、ミュンヘンの非常に大事な観光スポットになっているのです。そして、広場からそれぞれの観光へスタートするような、情報の発信基地にもなっておりました。
岡山市にも、岡山駅西口に岡山市制100周年を記念して作られたメルヘン時計というからくり時計がありました。桃太郎や孫悟空、人魚姫など、世界の童話に出てくる主人公が人形になって出てくるからくり時計であります。残念ながら、台風で壊れて15年間で幕を閉じることとなりましたけれども、広く市民に親しまれ、また、来岡した観光客にも喜ばれておりました。

さて、ご存知のように、岡山のミュージックサイレンが、8月31日をもって終了しました。一抹の寂しさを覚えましたので、マリエン広場のからくり時計と岡山市のメルヘン時計のお話を交え、質問しました次第です。
今回、岡山県のミュージックサイレンの終了は、「ただメンテナンスが終了したので消えますよ」というようなお話で、今後、新たな装いになって登場するというものでもありません。ミュージックサイレンに代わる、例えば、からくり時計やメルヘン時計であってもよいのですけれども、岡山に夢のあるシンボルがあってもよいのではないかと思いませんか。
たった1つのミュージックサイレンにしかすぎませんけれども、それを通して岡山の情報を日本国中に発信できる基地にすることもできましょう。何かそういった工夫ができないのかと伊原木知事に質問したところ、「考えておりません」と、一刀両断に切り捨てられました。
しかしそれは、私個人の想いや夢ではなく、県庁のミュージックサイレンを聞きながら育った近隣の人達の想いでもあり、復刻復活を望んでいる声も聞かれました。将来の夢を語るとか希望を抱くとか、いささかでもあるのではなかろうかと思われたのですけれども、まことに残念でありました。

二つ目は、8月23日の新聞に掲載された、岡山県の生涯出生率が3年連続伸びることなしに1.49にとどまったという報道についてです。
岡山県は、中四国最低の出生率であり、しかも、全国でただ一つだけ出生率を上げることができなかった県とありました。私は、その報道を見て不満に思いました。
なぜならば、岡山県では、婚活事業「どきっとびびっとキューピット21」が7年前から始まり、今日もなお継続しています。それなのに、いささかも出生率を上げることができなかったのは、行政の取り組みの浅さ、本気度の足りなさの表れではないでしょうか。
婚活事業こそが人口減社会に対する人口増対策なのであります。これからの地方自治を考えたときに、人口減問題にどう立ち向かうかという大変重要な問題でありながら、この結果はいかなることでしょうか。昨年夏、「おかやま出会い・結婚サポートセンター」が作られましたが、岡山県は外郭団体に結婚事業を委託しております。このように、事業を丸投げしているような状況は、いささか取り組みの真剣さが欠けているのではないのでしょうか。そのような思いで保健福祉部長に質問いたしました。

いずれにしても、「公共が結婚支援事業をするのだから」と大きな安心感を持って、たくさんの県民が応募したという実績があります。それならば、公募した人たちに対して、もっときちんとした責任のある対応の仕方をしてほしいと思います。結婚したいと、結婚を本気で考え悩み迷っている人達ではありませんか。それは、子育てに悩み、子どもの不登校に悩み、非行に悩んでいる人達と同じです。行政として何ができるか、支援を差し伸べてしかるべきだと思うのですけれども、その取り組みがまことに中途半端だという感じが否めません。

さて、少年非行率については、昨年まで全国ワースト1を3年連続するという状況でしたけれども、今年は、ワースト3まで脱出しました。法に違反して検挙される少年非行の数が減ってきていることは、とても大切なことであります。
しかしながら、今回、平成27年のことですけれども、1‚000人くらいの検挙された少年に対して、いわゆる不良行為少年、法に触れる直前の子ども達の数が、検挙された数の5倍にも及んでいる実態があります。つまり、逮捕されたのは氷山の一角でありまして、その水面下には何倍という少年達が予備軍としているのであります。
このような予備軍の不良行為少年に対し、どういった手厚い指導をするのかが、少年非行化率を下げていく非常に重要なポイントになるのであります。例えば、学校現場での喫煙やサボタージュ、不良仲間との付き合いや不純異性交遊、深夜徘徊などの状況を見た時に、いかに適切に愛情をもって、かつ厳しく指導するかがとても大切なのだろうと思います。そこで、教育委員会や県警察の不良行為少年に対する取り組みはどのようにしているのかと、おうかがいしました。

そういう意味では、子ども達のことを思って振るう一発のげんこつを「暴力」とするような風潮は、決して良いことではないとは思います。手を振るうなどというのは稚拙な教育技術ではありますけれども、大切なのは技術を超えた向こうにある教師の魂です。子ども達は、自分の行いが良いことか悪いことかくらいわかっています。言葉では限界があり、いくら口で説得しようとしたってだめなのです。「バカタレ!」という、その一発で目を覚ます時もあるのです。
誤解を恐れずに申しますと、「生徒指導で万止むを得ずの時には、げんこつの一発や二発くらいよろしい」というような通達を、現場の先生あたりに出してほしいなというような思いもあります。

こちらから答弁を含めました資料をご覧いただけます!
後日談も報告させていただきます。

>> 第48回めの一般質問!(平成2896月21日)(PDF)

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績