熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2018年06月15日 6月15日(金)一般質問開始&遊技業協同組合ならびに遊技業防犯協議会親睦パーティ

6月定例議会の一般質問が開始しました。
はじめて、議員や執行部関係者を見下ろす位置にある、本会議場の議長席に着きました。
「ただ今より午後の会議を開きます。休憩前に引き続き一般質問を行います。」とのアナウンスから、一般質問が始まります。
この席に座るまでに、実に15年の歳月を要したことに、感無量の思いで議事進行を勤めさせていただきました。
 
17時からは、プラザホテルにて開かれた、遊技業協同組合ならびに遊技業防犯協議会の親睦パーティへ。

「学生時代、とあるパチンコ店で、視覚障害のある年配のご主人と奥様が、パチンコの玉をひとつずつ打ちながら共に楽しんでいた姿をみて、感動を覚えた経験があります。
平安末期に編まれた歌謡集の中に「遊びをせんとや生れけむ」との言葉があるように、人には緊張感と弛緩のなかで、時にリラックスし、体と頭を休め遊びに興じる時間が必要です。
もちろん、射幸心に負け、ギャンブルに依存して身を滅ぼすなどということは決してあってはならないことです。
常に自制心を持ち、仕事も遊びも爽やかに両立させることが大切です。遊びを通じて明日を生きるエネルギーを補給する程度に留めることが大切です。」と、述べ来賓あいさつとしました。
 

>>記事の一覧はこちら

2018年06月14日 6月14日(木) 国公立幼稚園・こども園連絡協議会の総会&異業種交流会

国公立幼稚園・こども園連絡協議会の総会が「ピュアリティまきび」にて開催され、来賓のとして出席した私は、今日の小中高校の学校現場における状況についてお話しました。
 
「教育現場は今、生徒指導に関しては“もつれた糸”のような状況です。この困難な状況を改善できるのは、子どもたちと一番近くで対峙する教師(担任)です。もつれた糸の端から丁寧に粘り強くほどいていくように、根気のいる取り組みではありますが、最大限の努力が待たれるところです。
“教育は人なり”教育の混迷と混乱を救えるのは、教師の愛と情熱にほかなりません。
教えることへの喜び、子どもの成長を見守る感動ややり甲斐など、教師という職業でしか感じ得ない、多くの喜びを糧に懸命に努力する現場の教師たちの声を、広く子どもたちや保護者に対して伝えていくことも必要だと思います。」
 
夜7時からは、弁護士の小林裕彦先生主催の異業種交流会へ。
会場となったのは、岡山駅西口にある「奈々伊」。90名程の参加者を前に、県政各般の問題についての若干の県政報告をしたあと、万歳三唱の音頭をとりました。
 
 

>>記事の一覧はこちら

2018年06月11日 6月11日(月) 十一クラブ

18時半、アークホテルにて6月定例の「十一クラブ」が催されました。
今回、田渕君という、岡山工業高校電気科時代の教え子が新しく入会したこともあり、同級生の藤川君も呼んで2次会へという流れに。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
 

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら