熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2018年11月29日 11月29日(木)定例議会が始まりました

11月定例議会開始日です。
本日は知事提案の、災害支援費の補正予算225億円に関して論議。12月21日の閉会日に議決される見通しです。可決後すみやかに予算が執行され、災害復旧が進捗することを期待しています。
 
14時からは、ルネスホールにて山路みほさんのチャリティーコンサートに、花束をかかえて駆けつけました。
山路さんとは、私が県政報告会で琴の演奏に招待させていただいたご縁があります。
今回の公演は、ご主人である、ロシアのモスクワ出身の尺八奏者イオ・パベルさんとの共演でした。イオさんは、東京藝術大学に籍を置くかたわら、山路さんと共に尺八の演奏活動も精力的に行っている方です。
嵐のようにダイナミックでありながら、そよ風のようなしなやかさをもつ、見事な琴の音色に感動しました。お二人が世界に向けて益々ご活躍されることを期待しています。
 
19時。アークホテルにて、岡山県薬剤師会と県議会議員の懇親会に出席しました。
“医者や薬に頼らない”が信条の私にとってはやや縁遠い世界の方々。これからも薬に頼らず元気な毎日を送れればと願っています。
 

>>記事の一覧はこちら

2018年11月28日 11月28日(水)県文学奨励賞表彰式

県庁大会議室にて本年度の「県文学奨励賞表彰式」が執り行われました。
「文学などとは程遠い武骨ものの私が、僭越ながら祝辞をのべることをお許しいただきたい。」と述べたあと、次のような祝辞を贈りました。

「高校生のとき、ボードレールの詩 “花や声なき万象の言葉をいともやすやすと解しうる身は幸いなるかな”という「飛翔」と巡りあいましたが、私は“花や声なき万象の言葉”など聞いたことは一度もありません。
大学のときには、小林秀雄の「美を求める心」に出会いました。…何の変哲もないところに美を見出すことなど無理難題です。
ミケランジェロの生涯をえがいた映画「華麗なる激情」では、一介の石切り職人が、大理石のなかにヴィーナスを見つけ出していました。
左甚五郎は、ただの木材の中に仏像が眠っていることに気づきました。
武骨な私は、彼らの感性の鋭さにただただ驚嘆するばかりです。
本日、404作品のなかから選ばれて表彰された皆さんは、今後も自らの感性を信じ、細く長い険しい道であったとしても、堂々と歩み続けてくださることを願っております。」
 

>>記事の一覧はこちら

2018年11月27日 11月27日(火) 東京日帰り出張

「ザ・プリンスパークタワー東京」にて天皇陛下御即位30年奉祝委員会があり、実行委員の一人として参加しました。夕刻には岡山へ戻る日帰りスケジュールで疲れました。
 

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら