熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2017年01月26日 はたようじ 1月前半の活動報告(1月元旦〜8日)

大寒波襲来の中、皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。
私はと申しますと、1月はいぬ、2月は逃げる、3月は去るというように、おかげさまで多忙な日々を送っております。活動報告を日記風にしてみようと思い立ち、書き連ねております。お読みいただけましたら幸いです。

その1. 1月元旦、朝起き会。
4時に起床し、朝起き会に出席いたしました。逢沢一郎先生はじめ、たくさんの議員の先生もお見えです。会長、上廣先生の年頭所感を拝聴。心を引き締めて元旦のスタートを切りました。

その2. 初詣。
午前7時、神道山に登りました。ほどなく、7時15分に初日の出を見ることができました。オレンジ色の初日の出に感動! 何か良いことがありそうな・・・!! 
その後、小川氏(市議)と二人して本殿内に入り、世界平和のご祈念をさせていただきました。

その3. 午前10時半より、我が家の新年会。
長男夫婦と孫3人、次男夫婦と孫3人、合計12人で新年の家族会です。「今年も元気で、仲良く頑張りましょう」と、家長の挨拶をいたしました。我が家では、孫達のお年玉は、小学生1000円、中学生2000円、高校生3000円と決めています。とはいうものの甘くなって、孫が可愛くて親バカぶりを発揮しております。

その4. 午後1時半より、町内の石清水八幡宮の総代会による新年会。
神主さんが風邪のためご欠席のままではありましたが、総代会で新酒を飲み交わしました。「一年を無病息災で過ごしましょう」と話しするなど、歓談のひと時を過ごしました。

その5. 午後5時より、鹿田小学校の教え子達と我が家の慈恩の間で新年会です。
約40年前にもなる小学校4年生の時の教え子達、5人が集まりました。小・中学生の頃は運動場に集まって、元旦マラソンと称して鹿田学区内を走りました。走った後は公会堂に集まり、保護者の手による芋粥を食べて新年を祝いました。

高校生ぐらいになると、だんだんと走るのがおっくうになり、運動場でソフトボールをして楽しみました。やがて、手を出すのも次第に面倒になり、手をポケットに入れたままサッカーボールを蹴り合って楽しみました。そして、足を使うのもおっくうになり、我が家に集まって一杯飲み交わすようになりました。


その6. 1月2日、午後3時より芳田小学校の教え子達との新年会。
54年前、5年・6年と2年間担任をした子ども達で、クラス名は「はたご学級」です。元旦の鹿田小学校の教え子と同様、マラソンからソフトボール、サッカーを経て、我が家での新年会に変わりました。55年間ずっと、正月2日の日に続けられています。
この日のために、広島から参加をする子もいます。遠方の教え子の中には、電話で話をする子もいます。40分〜50分と交代しながら話が続きます。家内が作っていた大きな“おでん”の鍋がカラになりました。


その7. 1月3日、午後6時半からは、岡工電気科の教え子達と居酒屋で新年会です。
高校教師をしていた時の最後の教え子達のグループで、電磁石という同窓会の名前です。今年は、17人が集まりました。話が尽きることなく、二次会・三次会と続き、深夜まで飲みかつ歌った楽しい一夜でした。


その8. 1月4日、午前8時30分より、神道山にて陵南学区連合老人会による新春グラウンドゴルフの会。私は、「元気が一番!」と挨拶をさせていただきました。


その9. 1月4日は、県議会の大先輩議員である門木先生の命日です。
12年間連続のお墓参りとなりました。県議選初挑戦の時、門木先生が私の事務所の前に車を止め、
「はた君、早く議会に上がってこい」と激励されたことを今でも懐かしく思い出します。

その10. 午後7時、岡山ロイヤルホテルにて空手指導者達の歓迎レセプション。
翌日の第30回桃太郎杯全国高校空手道錬成大会のために、全国から集った高校の空手指導者達の歓迎レセプションがありました。かつて高校教員であった頃、空手道の大会で切磋琢磨した懐かしい先生方との再会です。大いに酒を酌み交わし、思い出話に花を咲かせました。


その11. 1月5日、午前9時よりジップアリーナで第30回桃太郎杯全国高校空手道錬成大会。
会場には、県のスポーツ振興課長、保健体育課長もご出席いただきました。私は県連会長として、
「信念や志を以て、目標に向かって頑張っている人こそ、金メダルです」というお話をしました。

その12. 午後3時より、恒例、逢沢一郎先生の年始会がホテルグランヴィアで開かれました。
大勢の人達が集まり、新年のお祝いをしました。逢沢一郎先生からは力強い挨拶をいただきました。

その13. 午後6時、大学空手道連盟役員の懇親会が開かれました。美味しいふぐを食べ、二次会、三次会と続き、カラオケに興じました。


その14. 1月6日、午後6時半より、第65回日本酒会議がアークホテルで開かれました。
私は、「去年今年、貫く棒の如きもの(高浜虚子)」と挨拶をさせていただき、その後、万歳三唱の音頭を取らせていただきました。

その15. 1月7日、午前11時より、石井正弘参議院議員の新年会がプラザホテルで開かれました。
たくさんの県議団も壇上に上がり、代表して岡?豊先生が挨拶をされました。

その16. 午後2時より、護国神社いさお会館にて、清談会が開かれました。
清談会は、毎月1日の朝に護国神社で開かれている会です。自由闊達に世事万般について語り合う会で、「発言内容には一切の責任を負わない」というユニークな楽しい会です。

その17. 1月8日、午前9時より、岡山市消防団の出初式が六番川水の公園体育館で開かれました。
地域市民の安全安心を守るため、時には災害の中、時には火災時の炎の中へと、活動に命がけで取り組まれている消防団の皆さんの、厳粛な出初式でした。

その18. その後、直ちに我が道場に帰り、至誠館の稽古初めに臨みました。
武道の稽古は、1月1日に始まり12月31日で終わります。学校は、4月から始まり翌年の3月で終わります。道場生達に、「1学期・2学期で取り残したことがあれば、3月まで引き続いて頑張れるんだよ」という話をしました。

その19. 午後1時、毎月第2日曜日に岡西公民館で開かれる日曜発明学校に出席をしました。
こちらでは、年頭所感を申し述べさせていただきました。

>>記事の一覧はこちら

2017年01月26日 はたようじ 1月前半の活動報告(1月9日〜15日)

その20. 1月9日、9時半より、武道館鏡開き式です。
弓道、県道、柔道、古武道など、たくさんの武道団体が奉納演武をいたしました。

その21. 午後1時半より、国際交流センターの2階で、日韓トンネル・国際ハイウェイ推進岡山県民会議が開かれました。
日韓トンネルが実現すれば、日本・韓国が一本の道で結ばれます。さらなる飛躍が展望できるとは思います。しかしながら、およそ20兆円の資金等を考えると、困難な道のりだと思います。


その22. 1月10日、千葉県木更津市に向かいました。
立正大学の空手道部の井下田先輩が待っており、空手道談義に花を咲かせました。


その23. 1月11日、午後3時より、我が県政会の土地改良議連の仲間達と合流し、農林水産省を訪問いたしました。
農村振興局整備部設計課課長から、平成29年度の農業農村整備関係予算について講演をいただきました。その後、農村整備事業土地改良制度、中山間地域対策、耕作放棄対策、鳥獣害対策等についての意見交換をいたしました。
その後、農林水産省地下1階のレストランで交流懇親会が開かれました。加藤勝信一億総活躍担当大臣、石井正弘参議院議院、池田道孝衆議院議員も出席をされ、農林水産省の幹部の皆さんとともに、交流を楽しみました。

その24. 11日の夜は、宇野小学校の教え子達が4人集まり、居酒屋で楽しい同窓会をしました。
48年前もの教え子達で、私はまだ20代の頃です。大変長い月日が経っているのにもかかわらず、人間的には何も変わっておりません!小学生時代そのままの人間性に驚きもし、感動もしました。三つ子の魂100までといいますし、人格形成は、3つ4つといった“つ”が取れるまでともいいます。まったくもって、その通りなのかなあという思いでした。


その25. 1月12日、秋葉原から 柏の葉アーバンデザインセンターを訪問しました。
この地域は住友不動産が中心となり、民・官・学が一体となった柏の葉スマートランドを形成しております。落ち着いて安全で住みやすい街づくりをしていることに、感動をいたしました。

その26. 1月13日、今年始めての常任委員会が開かれました。
平成29年度の県予算の執行部説明があり、質問・意見は次回に回されます。

その27. 午後6時より、小川、鷹取、両市議との市政懇談会を開きました。
三丁目劇場の再開発の問題について話し合い、周辺商店街地域の活力創出のために何をしたらいいのか、何をすべきなのかを、ざっくばらんに話し合いました。


その28. 1月14日、午前11時より、民団の新年賀詞交歓会がロイヤルホテルで開かれました。
岡山県からは、先月就任したばかりの副知事や、国際課長なども出席されました。県議会からも大勢の県議団が出席をし、また、市議会議員や県下の財界のメンバー達も集まり、約300人による大変にぎやかな新年会でした。

その29. 民団の会を退出した後は、街頭演説のため岡山駅前のビックカメラ前に向かいました。
1月14日は、尖閣列島開拓の日であります。1895年(明治28年)のこの日は、我が国が尖閣列島を固有の領土として、世界に宣言をした日でもあります。にもかかわらず、1990年当初、国連による海底地下資源調査によって、「尖閣列島海底には、イラクが埋蔵するほどの1000億バレルを超える原油が埋蔵される」という報告があったために、それ以後中国が尖閣は自分の国のものだと主張をしております。

尖閣列島は、度重なる中国艦船の領海侵犯が繰り返されている地域です。中国は、日本は専守防衛であり、銃を打って反撃する等ができないことを知っているのです。非常に不法というか無謀というか、本当に日本人をバカにしたような攻め方をします。

尖閣は、わずか5.5km2、小指の先ともいえるような小さな島、5つの島と3つの岩礁からなる島です。けれども、我が身を割く、自分の身が割かれるような、そういう思いで、この問題を考えなくてはなりません。日本が今は実効支配をしている島ですけれども、いつ何時、中国に実効支配をされるかも
分からない、そのような危険を孕んだ区域であります。

我が国は、エネルギー資源を中近東の石油産出国から輸入しています。あの地域はまさしく重要なシーレーンであります。我が国の核心的利益となる場所であり、生命線なのであります。なんとしても守らなければいけないのですけれども、我が国が断固とした強い態度が打ち出せないのは、結局は憲法に問題があるのであります。「県民の皆さん、目を覚ましてください!」と、寒風吹きすさぶ中、街頭に立ってお訴え申し上げました。


その30. 1月15日、午前9時半より、吉備中央町ロマン高原かよう総合会館で消防団出初式が開かれました。
この日は、寒波襲来で吹雪となった荒れたお天気でした。積雪で道路は埋まり、大変危険な目にあいながら、やっと現地にたどり着きました。雪道を運転するなど慣れないことに遭遇し、身の危険を感じることもたびたびありました。


その31. 午後0時、野々口の町内会役員と、うどんを食べながら懇親会をしました。
念頭の挨拶、そして、「今年も、後援会の活動に力添えをお願いします」と挨拶をいたしました。


その32. 午後2時より、吉尾町内会総会に出席をいたしました。
我が「明日の日本のために」の本を全員の皆さんに配布し、年頭所感を申し述べました。

その33. 午後5時より、岡山県空手道連盟の新年会がロイヤルホテルで開かれました。
逢沢一郎先生、山下たかし先生も駆けつけてくださいました。「空手道の普及と発展のために団結して頑張ろう!」と、挨拶をさせていただきました。


といように、大変多忙な日々でありますが、1月後半も頑張ってまいります!

>>記事の一覧はこちら

2017年01月01日 新しい年を迎えて

明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年7月に行われた参議院選挙では、自民党公認小野田きみのために、あたたかいご支援を賜り、更には秋の知事選においては、現職伊原木知事のためにお力添えを賜り、誠にありがとうございました。まず以て、厚く御礼申し上げます。

一年を振り返ってみますと、私にとりましては、なんといっても空手道が正式オリンピック種目として選ばれ、10月22日東京・帝国ホテルにて、その祝賀会が盛大に開催されましたことは、大変な喜びでありました。母は、「洋治はお腹の中にいる時からよく腹を蹴っていた」と言っていましたので、私は生まれる前から空手をしていたのではないかと思っています。

私は、大学卒業後、世界のいろいろな国をまわりながら、空手道の普及と発展に汗をかいてきました。空手がやっとオリンピックの舞台に上がることができます。長い間の念願がかなった、そんな思いであります。そして、空手道を通して、次代を担う子ども達の武道教育をと思いつつ、ささやかな空手道場を設立、以来30年間の区切りの年でもありました。12月、空手道の指導者達一堂に会し祝賀会を開催したところであります。

また昨年秋には、金婚式を迎え、親族相揃っての心に残る祝賀の宴も、思い出の一コマであります。歌人・高浜虚子は、「去年今年 貫く棒の 如きもの」と詠みました。志を以って、信念に生きる人には、去年も今年もありません。ただ自分の使命に忠実に生きるだけであります。

ところで、年間を振り返りつつ、京都の清水寺は、平成28年を「金」の1文字で表しました。なるほどオリンピックイヤーでもあり、史上最大の金メダル獲得に日本中が沸いたことを思えば、「金」もうなづけます。熊本大地震があり、東北北海道を襲った台風もありましたが、「難」でも「苦」でもなく金であったことはありがたいことであります。

しかしながら金はオリンピック選手のトップアスリートのものだけではありません。「金」という文字は、「人二ハ心棒第一」と読むのであります。心に、しっかりとした信念と使命感の柱を持っている人こそ、金メダルにふさわしい人であります。時代がどのように変わろうとも、ゆるぎない信念を持って生きたいものであります。

本年が皆様にとって、ご健勝で、幸多い一年となりますようお祈り申し上げます。

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績