熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2017年11月14日 先の選挙を振り返って


国政選挙が終わりました。今回、岡山一区では、自民党の県会議員、蜂谷弘美氏が希望の党から名乗りをあげ、前回の選挙では維新の党から出馬した、高井たかし氏は、今回、共産党の全面支援のもと立憲民主党から立候補、逢沢一郎陣営としては非常に緊張感のある選挙戦となりました。

というのは、前回の選挙戦では、高井たかし氏は6万票を獲得しており、共産党支持票の1万5千票と合わせると、今回約7万票を獲得するのでと予想されました。一方、逢沢氏の前回獲得票は約9万票。希望の党からの蜂谷氏が2万票を得た場合、逢沢氏が負ける恐れがあったからです

この状況に、逢沢先生自身もいつも以上に脇を閉め、自らマイクを握り、車を降り、選挙区全域を回り熱い選挙運動を展開しました。結果は、逢沢先生の圧勝。7万票の支持を集めるのではと予想されていた高井たかし氏ですが、共産党との共闘ということで、リベラルではあるが保守色の強い支持者離れが起きたのか、予想を下まわる約7万票の獲得にとどまりました。蜂谷氏は予想通り約2万票を獲得しましたが、逢沢先生をおびやかすほどには至りませんでした。

希望の党といい、立憲民主党といい、選挙に勝つためだけの急ごしらえの政党であり、政党の綱領もなく組織としても未熟で、ほとんど政党としての体をなしていない感は否めませんでした。とは言え、自民党、公明党合わせての313議席獲得は、大勝利だったといっても過言ではないでしょう。

開票速報の入るなか、安倍首相は決して勝利におごることなく、この獲得議席数を非常に重く受け止め、国の舵取りの重責を全うするため、国民各層の意見に耳を傾け謙虚に政策を展開する、そんな気構えがみてとれました。 今回“大儀なき解散”だとか“突然の解散”だとか、“もりかけ問題を隠すための解散”などと揶揄されましたが、現在の国際情勢や国難を考えると、実に適切な時期での解散であり、一部マスコミの偏重報道に惑わされることなく、有権者が懸命な判断を下したことに感謝しています。衆議院議員は常に「常在戦場」。突然の解散であろうがなかろうが、常に戦場に居る心構えでいなければなりません。

この勝利を基に、自公連立政権はさらに足場を固め、慎重かつ大胆に政策を展開していくべきです。連立政権の人事は一切変更もなく、継続して国家運営に携わるわけですが、政策上の課題も山積しており、国民への説明責任を果たすとともに、我が国の大きな課題である、憲法改正問題や安全保障問題、少子高齢化問題への適切な取り組みを期待するところです。

>>記事の一覧はこちら

2017年10月05日 衆議院解散。総選挙へ!

衆議院が解散されました。
10月10日公示、10月22日投開票の日程で選挙戦がはじまります。


今回の選挙は、解散理由のない突然の選挙と言われておりますが、私は全くもって適切且つ妥当な時期での解散であると思っています。
衆議院は「常在戦場」“常に戦場に在り”の言葉の通り、常に備えを怠ってはなりません。

昨今、北朝鮮がミサイル発射を繰り返しています。しかも日本上空を通過しての太平洋上への着弾、EEZ内への着弾など、日本の主権に対する挑発、どう喝とも思える暴挙です。
このような一連の北朝鮮の動きに対し、安全保障理事会をはじめとする国連の決議機関が、制裁決議案を発令するなど様々な圧力を掛けています。

しかし、北朝鮮はこれらの制裁に妥協するどころか、却って国連や米国に更なる敵対心を強めています。北朝鮮の動向に世界が注目する中、ある意味、国連、米国、ヨーロッパ諸先進国などが、せめぎ合いをしているような状態で、今後何が起こるのかは全くもって先行不透明です。このような状況下にあって、日本はどのような体制を取るのかが近々の最重要課題であります。

もし今回、解散しなかったとしても来年12月には、確実に任期満了に伴う解散総選挙を迎えることになります。北朝鮮が暴挙を繰り返し、国際状況の変化が予測困難な今、国家の安全保障を考えた場合、我が国が今後のどのような国家的戦略を立て、準備・体制を整えていくのかを決めるに当たって、今回の解散は重要な位置付けといえます。

したがって、国防上の将来を見据えたとき、まさしく適当且つ妥当な時期の解散であるにも関わらず、野党はこの解散を厳しく非難をしています。さらに民進党は、小池百合子氏を党首とする新党に合流すべく事実上の解党ともいえる手に打って出ました。
本来、各政党には立党の理念や精神があり、志を同じくするものが共に政治活動するための立脚点があります。そのような政党理念・精神をかなぐり捨て、大衆に迎合する野党はまさに野合であり、今までの民進党の流れをすべて打ち消すような暴挙であります。

我が自民党は、日本の長い歴史や伝統、文化に基づく、真の保守政党として平和的且つ民主的に、穏やかに日本人の感性に合った刷新・改革を行う政党であり、日本人の感覚に最もふさわしい政党であると自負しています。行政改革は地道で堅実に行うものであり、パフォーマンスやムードで行うものではありません。
国民の皆さまには懸命な判断に基づいて『自由民主党』を選択していただきたいと思っています。

●先日行った私の一般質問に対する、県知事、総務部長、県警本部長による答弁を、一般質問と併せて公開しておきます(PDF

>>記事の一覧はこちら

2017年09月30日 9月定例会にて、51回目となる一般質問にたちました。

9月5日(火)より開始されている、平成29年度9月定例会の場において、20日(水)に一般質問を行ってまいりました。
51回目の一般質問となる今回は、かねてより疑問に感じていた政党機関紙に関する議案をはじめ、下記の3案件について問題提起をいたしました。

(1) 政党機関紙等の購読に関して
本庁知事部局や教育委員会などで、多量に定期購買されている政府機関紙、特定宗教団体広報誌などの、購読部数や購読料は適正な数値といえるのか。 また、それらを公費で賄うのはおかしいのではないか。

(2) 教育研究全国集会に関して
去る8月18日(金)~20日(日)までの3日間、岡山シンフォニーホールにて「全教(全国教職員組合)」の教育研究全国集会が開催されました。 警備のため、県警は27都道府県から約450名の支援部隊と合わせて延べ2600名による万全の警備体制を敷きました。結果、懸念されていた右翼団体による抗議デモや混乱もなく、無事終了することができましたが、果たしてこれほどの警備を要する集会の意義とは何なのか。また、それらの費用はいかばかりだったのか。

(3)コンビニの防犯対策について
ATMを利用した特殊詐欺や電子マネー詐欺など、コンビニを舞台とした犯罪がニュースを賑わすなか、先般、吉宗地区でも高校生4人を含む5人組のコンビニ強盗が発生しました。今後の防犯対策やコンビニ間の連携など、県や県警に更なるリーダーシップの発揮を請いたい。

※詳細についてはこちらから。 

式次第および51回目一般質問(PDF) 定例会はどなたでも傍聴が可能です。
ぜひ一度一般公聴会にご参加ください。 併せて、岡山県議会HPで会議の動画をネット配信しています。 http://www.okayama-pref.stream.jfit.co.jp/

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績