熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2019年11月26日 11月26日(火)愛犬“令和(れい)

この夏、我が家では秋田犬の子犬、令和(れい)が新しい家族の一員となりました。
 
去る7月22日~25日の間、総務委員会視察で秋田、青森、岩手の三県を周りました。
視察先のひとつに、民営化にむけての検討が行われている秋田空港がありました。民営化への移行は岡山空港にもいずれ及んでくる問題であり、大変参考になるものだったのですが、それは一旦さておき、空港を訪れた際に目に入ってきたのが、私によく似た人(なまはげ)と、秋田犬のぬいぐるみでした。
ふわふわでかわいいそのぬいぐるみを、土産に買って帰ると、孫が大変気に入り、毎晩だっこして寝ているとの報告が。これは、ぜひとも本物を飼ってやらねばと、早速、秋田犬保存会に連絡をとりました。岡山市在住の秋田犬のブリーダー・栗尾さんにも相談に乗ってもらい、ようやく迎えることができたのが、7月7日生まれのメスの秋田犬、命名「令和(れい)」です。
 
れいの母犬は、昨年秋田犬の品評会で優勝した犬で、ロシアのフィギュアスケーター・ザギトワ選手に贈られた秋田犬“まさる”の親戚にあたります。
迎えた当初は、スチールケージで飼っていましたが、成長時には体重50~60キロにもなるため、ただ今、建築会社にお願いして玄関前にあたらしい小屋を建築中です。
 
れいが我が家にやってきてからというもの、毎朝6時には起床し、朝食後に散歩、夜は夕食後に散歩と規則正しい生活が続いています。孫のために迎えた子犬でしたが、自分の健康のためにも一役買ってくれています。
孫をはじめ、近所の人からもかわいい、かわいいと可愛がられながらすくすくと成長しているれい。飼い主に似て脚が長く、とても美形。愛想のいいワンちゃんです。
 
私は、その昔、大学の寮の一室で雑種の“ジョン”と寝食を共にしていました。
大変貧しかった時代で、自分のご飯の半分と、豚汁のなかの豚肉を分けて与えていました。当時、応援団の団長をしており、学園祭で行う市中パレードには、私の隣をジョンも闊歩したものです。大変賢い犬で、授業にも付いてきては教室の片隅で静かに寝そべって待っていました。ある時、「青年心理学」の授業で、珍しくジョンが「フワ―ッ」と声をあげて大あくびをしたものだから、学生たちはみな大笑い。先生が「どこの犬かね」とジョンをにらんだこともありました。
 
そんな、学生時代をずっと一緒にすごしてきたジョンでしたが、教師になった私の最初の赴任先が新見市に決まり、ジョンは後に私の奥さんとなった、当時の彼女の実家で預かってもらうことになりました。
それから2年後、昭和43年3月。私のもとに「ジョンが危ないよ」という電話が。急いで電車に飛び乗り、駆けつけたところ、私の到着を待っていたかのように、お腹をそっとさすってやっている最中に静かに目を閉じ、そのまま永遠の眠りにつきました。
 
その後、私は宇野小学校に転属、3年生の担任になりました。
子どもたちにとって、動物と触れ合うことは大切な教育のひとつだと思い、教室には亀、メダカ、ザリガニ、金魚。校庭のプレパブには犬やニワトリなどを飼育していました。
ある朝当校すると、プレハブの近くに、“金魚の墓”と書かれた割りばしを立てて、手を合わせている子どもたちの姿がありました。生き物への愛情あふれる姿に感動を覚えた思い出です。

 

>>記事の一覧はこちら

2019年11月09日 11月9日(土)天皇陛下御即位国民祭典参列

天皇陛下のご即位を祝う、国民祭典が皇居前広場にて催されました。
午後1時から始まった奉祝祭りでは、岩手奥州の江刺百鹿大群舞(えさしひゃっかだいぐんぶ)や盛岡さんさ祭り、秋田の竿燈(かんとう)まつり、新潟のしばた台輪、沖縄エイサーなど、18団体による全国各地の祭りが奉納されました。演舞する方々の懸命さや迫力がひしひしと伝わり、涙がこぼれるほどの感動を覚えました。
 
続いて16時からは、俳優の谷原章介さんと、アナウンサーの有働由美子さんの司会で祝賀式典が始まりました。
各界を代表する著名人からのお祝いのメッセージが届けられました。最初に登場したのは芦田愛菜ちゃん。美しい和装で、心に響くメッセージを堂々と読み上げる姿は“愛菜ちゃん”というより“愛菜さん”がふさわしい趣きでした。 安部晋三内閣総理大臣、三浦明夫経団連会長の祝辞のあと、菅野よう子氏作曲の奉祝曲「Ray of Water」を、辻井伸行氏のピアノ演奏で、嵐が熱唱。3万数千人の参列者による国家「君が代」も響き渡りました。
 
天皇陛下からの「被災者のみなさんの復旧・復興、国民の平和と安寧、国家の永遠の発展をお祈り申し上げます」との祈りの言葉を賜ったあと、実行委員長、伊吹文明衆議院議員の万歳三唱と続きました。集まった人々はみな一様に、右手に日の丸、左手に提灯をもち、万歳、万歳、万歳と声を張り上げ、両陛下のお姿が見えなくなったあともなお、途切れることなく続いていました。
ふと振り返ると、式典にふさわしい優美な月が輝いていました。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年11月08日 11月8日(金)東京。教え子たちと会食

11月9日(土)に開催される、天皇陛下御即位国民祭典参列のため東京へ。
 
この日は、東京在住の教え子、奥村君と山崎さんの3人で懐かしい思い出話を肴に一献かたむけました。
 
彼らを担任したのは実に48年前。彼らがまだ宇野小学校3年、4年生の時でした。
奥村君は、小学3年生の春に転校してきた生徒で、5年生で再び広島へ転校。わずか2年間だけの出会いでしたが、そこから今日に至るまでずっと、先生と生徒の師弟関係のお付き合いが続いています。彼の結婚式が、東京の『椿山荘』で執り行われた際には仲人まで務めまた間柄です。当時の奥村君は、“おっくん”と慕われるクラスのリーダー的な存在で、勤務先の『伊勢丹』でも、人懐こさとリーダーシップを存分に発揮しているものと思います。
 
一方、山崎さんはというと、典型的な運動オンチのしっかりもののべっぴんさん。
当時の“はた学級”では、朝はマラソン、昼はたて笛、夜は学習というスタイルを徹底していたのですが、たて笛でも学習でもすばらしい能力を発揮していた彼女が、朝のマラソンに関してだけは、よく愚痴を漏らしていたものです。
 
そんな彼らがいたクラスで、当時取り組んでいたのが「心のノート」です。
“Aノート”と“Bノート”と名付けた2冊のノートを、毎日交互に生徒と交換する、いわゆる“交換日記”のようなもの。遠足や運動会など、特別な日ではなく、日常の暮らしを日記にすることは思った以上に大変なことです。それでも、毎日日記を書くことで、“文章を書く目“が培われていき、慣れれば自然と、日常の中にも新しい発見があることに気付けるようになるものです。
彼らの日記と、赤ペンで書かれた私からの日々のコメントで埋まった“ABノート”は、多い子で、2年間で200冊も積み重なりました。
 
子ども時代に“いかに夢や希望を持たせてやれるか”が、教師の使命だと信じています。
同じクラスで過ごす時間はわずか1年か2年。長い人生においては、振り子がふれるほんの一瞬の時でしかありません。そこでの出会いが竹馬の友として一生続いていく、そんな素晴らしい時間をいかに創造できるかが、教師の使命であり、喜びだと思っています。
 

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら