熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

<<記事一覧に戻る

2017年06月02日 「幸せ」の原点とは

以前、幸福度調査でブータンのことが話題になりましたね。経済的な富の豊かさゆえに幸福度が高いのではなく、心の満足度のようなものが大切にされておりました。そういう意味では、日本人も昔から心の豊かさを求めてきました。

ところが戦後、アメリカナイズされてものの考え方がどんどん変わり、心の豊かさではなく、物欲、物や金の豊かさの方向に走り出しました。それが高度経済成長を支えた要因でもありますけれども、物と金が日本を支配していくようになりました。


アメリカは「個」が中心の社会です。まず、自分の生活をきちんと確立させる、結婚して家庭を持ち、家庭・子育てをきちんと確立する。そこが満足いった段階で、そして、こぼれる余剰の財があれば財を、時間があれば時間を、パワーがあればパワーをということで、ボランティアというものが成り立っております。

しかし、日本は違うのです。かつて、フランシスコ・ザビエルが日本に来た時、彼はとても感動しました。「日本人は武士たると町人たるとを問わず、全て貧しい」「貧しいけれども、貧しいということを恥だと思っている人は誰もいない」。サビエルはスペインの国王フィリップ2世に宛てた手紙に、このように書きました。日本の国が一番荒れていた、応仁の乱の時代です。

日本人は、「一人ひとりの心が、幸せを決める」という思想があります。「上をみればきりがない、下をみればきりがない」という言葉がありますが、どこの尺度でみるのか。自分の「ほど」、「これでいい」と思ったらいいのです。本当は貧しいのだけれども、もっと貧しい人がいると思ったら、そこに「ほど」をこす、「施し」をする。そういう民族なのであります。


今後、日本はもっとアメリカナイズされていくでしょう。物と金が一つの豊かさであったり、その豊かさが幸福の象徴であったり、ますます、そういうことになっていくでしょう。しかし、人間は欲望を求めていったらきりがありません。富を追い求めていったらきりがありません。

幸せは自分の心が決めるのです。心の豊かさを求めるというのは、日本人の幸せの原点です。どういう時代になろうとも、自分の「ほど」を知る。「ほど」を越えるものは、「どうぞ」といって施しをする。それが大切なのではないかなあと、思います。

<<記事一覧に戻る

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

新着記事

2018/02/14
異業種交流懇談会 第7回 空と大地の会ご案内
2018/02/07
政務調査費訴訟(平成23年度分)について
2018/01/19
元気づくりー長寿万歳ー 県政報告!元気で長生き!
2018/01/14
消防出初め式&講演会&空手連盟新年会
2018/01/13
新年賀詞交換会へ
2018/01/12
御津新年互礼会
2018/01/11
十一(といち)クラブ互礼会
2018/01/10
グランドゴルフ大会&私学団体互礼会
2018/01/08
日本酒会議を楽しむ
2018/01/08
鏡開き式&公明党の新春の集いへ
2018/01/07
清談会新年会&太然寺檀家おひまち
2018/01/06
我空手道場「至誠館」稽古はじめ
2018/01/05
「全国高等学校ももたろう杯空手道錬成大会」&逢沢一郎議員年始会
2018/01/04
高校教時代の仲間と前夜祭
2018/01/03
岡山工業高校時代教え子と新年会
2018/01/02
芳田小学校時代教え子と同窓会
2018/01/01
平成30年の新春となりてご挨拶
2018/01/01
1月1日(月)新年の幕開け
2017/12/21
今年最後となる一般質問に立ちました
2017/11/22
県外視察の様子をご紹介します
2017/11/14
県外視察にいってきました
2017/11/14
先の選挙を振り返って
2017/10/05
衆議院解散。総選挙へ!
2017/09/30
9月定例会にて、51回目となる一般質問にたちました。
2017/06/16
ご報告 〜 オンブズマン否認理由及び反論内容
2017/06/02
「幸せ」の原点とは

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績