熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

<<記事一覧に戻る

2018年05月25日 5月25日(金)表彰式にて祝辞、行政書士会総会

県庁3階の大会議室にて、永年勤続の町内会長等の知事表彰式が執り行われました。
議会を代表して、その功労とご労苦に対して以下のように感謝の言葉を述べました。
「作家、五木寛之氏の「辺界の輝き」という著書の中に“末端の活性化こそ大切だ”という記述があります。岡山が活性化してこそ国が活性し、地方の活性があって県の活性がある。と説いています。これを体に例えるならば、手足が活発に動いてこそ元気な体と言えるわけです。地方行政の末端組織のリーダーである町内会長におかれましては、地域社会活性のためにご尽力をいただいていることに感謝いたします。」
今回、表彰された40名の方々の中には、私の教師時代の大先輩である、上林先生と空手の大先輩である、福井氏がおられ大変嬉しかったです。今後益々のご活躍をお祈りしております。
 
午後6時半。豊浜町にあるカニ料理専門店「甲羅本店」で、「協同組合岡山鉄工センター」の通常総会が開かれました。
長きに渡り組合理事長としてご活躍していただいた湯浅さんが勇退され、後任に桑原さんが就任されて平成30年度がスタートしました。
前理事長の湯浅さんへの謝意と、組合の今後益々の発展に向け、新・桑原理事長を中心に団結されることを期待している旨を述べあいさつとしました。
 
その後、「岡山県行政書士会」の総会が行われていた「プラザホテル」へ。
急ぎ馳せ参じましたが、到着時には既に懇親会が始まっていましたが、
「私のキャッチフレーズは“ハタと困ったら波多に頼め。用事があったら洋治に頼め”ですが、行政書士会のキャッチフレーズも「頼れる町の法律家」です。行政に提出する、あらゆる手続き上の書面はすべからく行政書士を通し、企業および住民の皆さんと行政を結ぶ橋渡し役として信頼され、発展されることを期待しています。」とあいさつしました。

<<記事一覧に戻る