熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2018年10月27日 10月27日(土)全国母子寡婦福祉研究大会

13時~、プラザホテルにて「全国母子寡婦福祉研究大会」がありました。
日本全国から多くの会員が集い、賑やかかつ盛大な研修大会となりました。
 
「私の母も戦地で夫を亡くし、25歳という若さで戦争未亡人となりました。戦後の貧しく厳しい時代を、子ども一人を背負い生きてきました。
“親が子どもに授けられる財は教育しかない”という信念のもと、鉄工所で鉄粉にまみれながら働き、岡大まで出してくれました。
240万人にも及ぶ若者を失った日本の再生再建を支えたのは女性の力でした。
戦後から74年。かつての未亡人たちは「我が幸せは我が手で」を合言葉に頑張ってきましたが、今は「築こう人の絆、守ろう地域の輪」をキャッチフレーズに、共に支え合い、励まし合って生きていこうと頑張っておられます。
しかしながら、母子・寡婦、一人親家庭の皆が最後に頼るべくは政治行政の力なのかもしれません。
“自助”から“共助”へと時代は移り、これからは“公助”の時代。結婚、育児、就職など、人生のさまざまな階段を安心して上れるよう、生活保障を充実させていくことが行政の仕事です。本日ご参会されている国会議員の先生方、厚生労働省の皆さまの双肩に、母子・寡婦の皆さんの未来がかかっているのです。」と、議会代表としての祝辞を述べてきました。
 
ちなみに、この日は、「新岡山カントリークラブ」にて、第16回熱血杯ゴルフコンペが行われました。今回は参加できませんでしたが、次回コンペを楽しみにしています。
 

>>記事の一覧はこちら

2018年10月26日 10月26日(金)国公立幼稚園子ども園PTA連絡協議会の研修会

赤磐市立中央公民館で行われた、国公立幼稚園子ども園PTA連絡協議会の研修会の場で、議会を代表して激励のあいさつを行いました。
奇しくも、この日、全国の暴力事件、いじめ、不登校などの集計結果が新聞に掲載されました。岡山県は、前年度に比べいずれも上昇。まことに残念な思いでした。
“PTA”は本来、保護者(親)“P”と教師“T”の会議ですが、現状はTが抜けたほぼPだけの組織となっています。
「親」という字は、“立っている木を見る”と書きます。未来を担う子どもたちを取り囲む環境を正常化し、のびのびと学校生活ができるよう、保護者も、ものの見方や考え方を高めていく必要があります。
近年、学校や教師の指導法にクレームをつけることが、子どもを守ることであり、PTAの活動だと勘違いしている人もいますが、それは単なるクレーマーでしかありません。
“立っている木を見る”ことはとても難しいことです。クラスの中で我が子がどのような立ち位置にあり、どのような支えや助けを必要としているのかを、きちんと見極めることが重要です。しかしながら、今は、親が自分たちの忙しさにかまけて、我が子にしっかり目を向けることができていない親が多いのではないかと感じています。
「坊やは良い子だ ねんねしなー」という歌詞の子守唄があります。父と母を足して2で割った子なのだから、きっといい子であるに違いない、と寝ている我が子に布団をかけ、型や足を優しく叩いてやることこそが、子守歌的な親心です。
先般、戦地で捉えられていたジャーナリストが釈放されたばかりですが、あのような戦地の子どもたちは、決して安心して眠れるような環境であるはずがありません。
私たちは、どの子もみな安心して眠れる社会を維持していかなければなりません。子守歌的な親心を忘れず、必要な支えを与えられる親でありたいものです。
 

>>記事の一覧はこちら

2018年10月23日 10月23日(火)殉職警官慰霊祭

昨年度殉職された警官の慰霊祭が、奥市にある慰霊塔で行われました。
「国民の生命、財産を守るため、身命を賭して職務に精励され、不幸にも亡くなられてしまいましたが、その崇高な精神は長く称えられ、現職警官として職務に励む方たちへ受け継がれています。彼らの偉業を高く評価し、長く語りついで行きたいと思います。
残されたご遺族の方の無念はいかばかりかと存じます。
心からのお悔やみを申し上げるとともに、専一にされ、いよいよ力を合わせられますようお祈り申しあげます。」と、議会代表として謹んで追悼の辞を申し上げてきました。
 

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら