熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

<<記事一覧に戻る

2019年11月09日 11月9日(土)天皇陛下御即位国民祭典参列

天皇陛下のご即位を祝う、国民祭典が皇居前広場にて催されました。
午後1時から始まった奉祝祭りでは、岩手奥州の江刺百鹿大群舞(えさしひゃっかだいぐんぶ)や盛岡さんさ祭り、秋田の竿燈(かんとう)まつり、新潟のしばた台輪、沖縄エイサーなど、18団体による全国各地の祭りが奉納されました。演舞する方々の懸命さや迫力がひしひしと伝わり、涙がこぼれるほどの感動を覚えました。
 
続いて16時からは、俳優の谷原章介さんと、アナウンサーの有働由美子さんの司会で祝賀式典が始まりました。
各界を代表する著名人からのお祝いのメッセージが届けられました。最初に登場したのは芦田茉奈ちゃん。美しい和装で、心に響くメッセージを堂々と読み上げる姿は“茉奈ちゃん”というより“茉奈さん”がふさわしい趣きでした。 安部晋三内閣総理大臣、三浦明夫経団連会長の祝辞のあと、菅野よう子氏作曲の奉祝曲「Ray of Water」を、辻井伸行氏のピアノ演奏で、嵐が熱唱。3万数千人の参列者による国家「君が代」も響き渡りました。
 
天皇陛下からの「被災者のみなさんの復旧・復興、国民の平和と安寧、国家の永遠の発展をお祈り申し上げます」との祈りの言葉を賜ったあと、実行委員長、伊吹文明衆議院議員の万歳三唱と続きました。集まった人々はみな一様に、右手に日の丸、左手に提灯をもち、万歳、万歳、万歳と声を張り上げ、両陛下のお姿が見えなくなったあともなお、途切れることなく続いていました。
ふと振り返ると、式典にふさわしい優美な月が輝いていました。
 

<<記事一覧に戻る