熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2017年06月16日 ご報告 〜 オンブズマン否認理由及び反論内容

 先般、「政務活動報告書および、反論集」にて報告いたしましたが、政務活動費明細について多くの点でオンブズマンとの齟齬が生じております。


 例えば、1月27日〜28日の中山間地域振興政策議員連盟県外調査における調査研究費(旅費)について。
 オンブズマン否認理由は、「資料不足で政務活動であるか分からない」とのことであります。

 私は、「旅程表並びに視察報告としてプログ掲載文書を提出。視察内容は、プログ集をお読みください。これらの資料を提出して、なお資料不足と主張される理由は何か。政務活動か否かの判断は、オンブズマンがすることなのか、疑問である。この研修で学んだことは各種会合で、お話をしており、十分に調査研究の目的を達成している、と確信しております」と、反論いたしました。


 また、6月14日県政報告会案内のための往復葉書1‚000枚(葉書代)については、「現物が無いため政務活動であるか分からない」「往復ハガキは飲食を伴う会合に関連するものであるため、認められない」との理由で、オンブズマンは否認。

私は、「県政報告会は、まさしく議員の政治活動そのものであり、県政報告会が飲食を伴うから、往復はがきでの案内が認められない、とする否認理由が全く理解できません。なぜ認められないか、否認理由を明らかにしてほしい。県政報告こそ議員の任務ではありませんか。県政報告会を通して、県政の課題を理解していただいたり、県民の思いを受け止める大変重要な会であります。また様々な国内外の問題を共有したり、啓蒙することも議員の大切な政務活動であります。
 当然のことながら、飲食費は、参加者が負担するものであります。案内状の葉書の購入また発送に要する費用は、二分の一に按分しているところであります。そのような報告会の後に、共に食事をすること、共に酒を酌み交わすことがなぜいけないのですか。その案内を、往復はがきですることが認められないならば、私は、オンブズマンの皆さんを許さないし、どこまでも戦いますよ」と反論いたしました。


 そして、7月3日の総務委員会意見交換会費(会合費)については、「会合の性格・目的不明であるため政務活動か分からない」との理由で、オンブズマンは否認。

私は、「7月3日(金)午後6時からピァリティまきびにて、岡山県議会総務委員会による議員並びに岡山県総務委員会担当執行部との意見交換会が開かれました。申し上げるまでもなく、執行部と議会は県政推進上の車の両輪の如きものであります。喧々諤々の論争を交わすも、互いに意思の疎通を図り、理解と信頼を深めることが肝要であります。
 当然のことながら、会費5000円を政務活動費から支出するは妥当であります。かかる会合まで、オンブズマンの皆様は、会合の性格・目的不明として、政務活動を疑うのは、いかなる理由によるものなのか、理解しがたいものがございます」と反論いたしました。


 今回、オンブズマン否認理由及び反論内容について、上記を含め20例を挙げてご報告いたします。政治家とは何か、政治家の職責とは何か、政治家の政治活動とは何かについてご理解をいただけるよう、切に願っております。

  >> オンブズマン否認理由及び反論内容(PDF)はこちら

>>記事の一覧はこちら

2017年05月18日 ものづくりの国 日本」を支える、技術を学べる学校制度を

今日、岡山県は、5554名の不登校長欠児を抱えておりますが、まったく対応できておりません。この問題を解決するにはどうしたら良いのでしょう。

県には、様々な行政上の提案事項や要望事項を国に対して出す機会があります。私は、中学校を卒業した時に、技術で社会に貢献できるような、専門的な技術を訓練できる学校制度があれば良いと思っております。こういった学校制度を作ることを、岡山県として、きちんと国に要望してもいいのではないかと、お話しいたしました。

「足立工場男子」という写真集をご存知ですか。足立区の工場で働いている若い男性が、汗をかいて頑張って働いている姿をスクープした写真集です。工場には、3K(キツイ、汚い、危険)な仕事だというイメージがあり、未だに次の時代を担う技術者が参画していないのだそうです。それを払拭し、工場に若者たちを集めるために出された写真集です。

「ものづくりの国 日本」と言いながらも、何か技術が軽んじられている風潮があり、後継者が育っておりません。「ものづくりの国 日本」を支える技術を、中学校の15歳前後から学べる学校があったらよいのではないでしょうか。中学生ともなれば、身体的、精神的、能力的にも、1人の技術者として充分やっていけると思えます。


現在、中学校から高校に進学する生徒は、97%以上です。進学するためには入試があります。中学校はそれに対応できなければなりませんから、結局、高校に入るための予備校としての知識と技術を学ぶ場所になってしまっております。そのため、社会に出て働く社会人としての知識や技術、キャリア教育がおろそかになってしまっています。

私は、今後は、中学校にも選択制が必要だと考えております。今はそういうカリキュラムがありません。作ろうと思えば、今の学校制度を抜本的に考え直さなければなりません。また、専門的な技術を訓練できる学校を作ろうと思えば、莫大な予算が必要になります。もちろん、学校も必要ですし、人材、お金、技術を教えるための設備も必要になります。

このようなことを考えますと、もはや、一地方、一岡山がやるべき案件ではありません。国家的なプロジェクトの中で取り組みが必要に思えるのです。岡山県より国に、もっと積極的に取り組んでほしいと要望していただきたいと、願っております。

>>記事の一覧はこちら

2017年04月18日 政務活動費について

私達、県議会議員には、調査研究・研修・広聴広報・資料作成等の活動費として、年間420万円の政務活動費が支給されます。支出明細については、領収書(1円以上)を添付し、県議会議長あてに報告書を提出することになっております。

私が考える政務活動費の使途明細については、領収書をもってお答えしているつもりです。その明細について、多くの点でオンブズマンとの齟齬が生じております。そこには、政治家とは何か、政治家の職責とは何か、政治家の政治活動とは何かについてご理解をいただけていない、という根本的な原因があるからだと思っております。

今回は、いささか疑問に思うところを、反論として申し上げたところです。

>> 政務活動報告書および、反論集(PDF)

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績