熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2018年05月15日 岡山県議会・副議長に選出されました 

5月になると、毎年新年度の議会人事が動き出します。
自民党が最大会派である岡山県議会では、自民党案がまとまるということは、すなわち議会で採択されるということになります。次期議長・副議長候補について自民党内での協議が始まりました。議長候補には、現在5期目の高橋戒隆議員が挙げられました。そして、副議長候補には、図らずも波多の名前が。
「県政会」という派閥(政策集団)で、政治のいろはを教えていただきながら県政に励んで早15年。私は4期目ではありますが、年長者ということで「県政会」よりご支持をいただき候補に挙げていただきました。
 
5月15日(火)に臨時議会が開催されました。
現議長・副議長の退任ののち、ただちに正・副議長選が行われた結果、高橋議員、波多ともに41票を獲得し、第69代正・副議長に選出されました。
もとより、浅学非才、未熟者ではありますが、身の引き締まる思いで副議長当選の告知を受けました。就任あいさつでは、「副議長は名誉な職ではありますが、決して“名誉職”ではありません。より積極的に行政改革、教育改革に取り組み、県政のさらなる発展と福祉向上に向けて微力ながら全力を尽くしたい」との思いを述べました。
 
翌16日(水)には、地元山陽新聞をはじめ、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、中国新聞など新聞各社のほか、テレビでも報道され広く県民のみなさんの知るところとなりました。また、山陽新聞ではズームアップ欄でも取り上げていただきましたので、併せてご紹介しておきます。

>>記事の一覧はこちら

2018年03月09日 3月9日(金)一般質問にて第53回目の登壇

一般質問最終日。第53回目となる一般質問に立ちました。
今回の質問内容の主なテーマは次の3つです。
まず一つ目は政党機関誌等の購読に関して。
先の9月20日でも同内容について質しましたが、引き続き執行部の姿勢を問いました。
 
2つ目は、結婚支援事業に関して。
官民が協力体制をとり、婚活事業を進めてほしいと要請しました。
 
3つ目は、一宮地区における果樹栽培に関して。
一宮地区を岡山の果樹栽培の中心地とすべく、インフラ整備(パイプライン)の改修事業に資金を投入し、同地区で果樹栽培に取り組む若者が、ここは果樹栽培にふさわしいと誇れるような地にしてほしいと願いました。
 
併せて、先だって「カキを食べる会」でお会いした、ヤングファーマーズの思いを背に、ソバ栽培の振興と、中山間地域を元気にする取り組みをこれからも支援してほしいとお願いしました。
また、教育長に対しては、教育再生にかける熱い思いを、現場を担う教師たちに伝えてほしいとお願いしました。
 
一般質問の詳細は、下記のURLからご欄いただけますので、ぜひご確認ください。

>>http://www.hatayouji.jp/common/pdf/20180309-2.pdf

 

>>記事の一覧はこちら

2018年02月20日 平成29年度を振り返り新しい県政課題に挑戦

 来たる3月23日(金)、平成29年度最後の定例議会が開催されます。
6年前、伊原木知事は知事選出馬にあたり、「教育再生」と「産業振興」を県政の重要課題に挙げました。「教育再生」は、県民の願いであり、教育への投資こそ“明るい希望の岡山県”を創生するための重要な先行投資です。しかしながら、現状はどうでしょうか。必ずしも、安閑としてはいられない状況だと言わざるを得ません。例えば、児童生徒の暴力行為は1110件におよび、いじめ件数は認知されたものだけで2290件に及んでいます。また、「長欠児」や「不登校児童・生徒」に至っては、その数5752にも上ります。加えて、学力向上対策も未だ全国順位で下位を逡巡しており、残念ながら、当初の教育再生目標からはほど遠い状況であるというほかありません。
「教育は人なり」「人は人によって変わる」という原点に立ち返って述べるならば、やはり、子どもたちの想いを教育現場の最前線で受け止める学級担任こそが、現状を変えるカギを握っていると言えます。学級を任された教師の「人間力」が問われるのではないでしょうか。
「オール県民・オール県庁」として、微に入り細に渡り政策を展開して取り組んでいる「教育再生」は未だ道半ば、まだまだこれからです。
 
 一方、県政重要課題に掲げた「産業振興」はどうでしょう。本年、県営の工業団地に既に13社の企業進出が実現しています。市町村営の工業団地を含めれば、合計22社の企業進出を遂げました。今後、県内の企業の約99.8%を占める、圧倒的多数な中小規模事業所の“稼ぐ力”をどのように付けて行くか、ということも重要な課題になってくると思っています。
 県は、去る1月17日(水)18日(木)の2日間『コンベックス岡山』において、物づくり企業172社が結集する、中四国最大の展示商談会を催しました。中小企業の販売拡大に向けた対策としては、今年で3回目になる取り組みです。他方、「三菱自工・水島工場」においても、主力車種である『RVR』の量産体制に入っています。多くの関連中小企業の活性化が期待されるところです。県としても、従前にまして中小企業振興策を推進していかなければなりません。
 
 さらに、伊原木知事は、平成30年度の予算編成にあたり「人口減少対策」への取り組みにも、先の2つの政策と同様に予算を配分すると明言しました。
その取り組みのひとつとして、昨年5月、インターネットを利用した「おかやま縁むすびネット」を立ち上げました。結婚支援政策のパワーアップと言えるでしょう。
 平成30年1月末の段階で、登録会員数1300名。お見合い成立件数300件、という順調な滑り出しです。果たして何組がめでたく結婚まで至るのかが楽しみですが、今のところ、このサイトを運営する支援センターは、備前県民局管轄内に限られており、今後、県北などへの更なるエリア拡大が必要です。
 次回3月9日(金)(※10時40分~の登壇予定)の第53回目の一般質問においては、保健福祉部長に対し、これら「人口減少対策」を中心に質問を展開する予定です。ぜひ、傍聴席まで足をお運びください

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら