熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2017年11月22日 県外視察の様子をご紹介します

先にお伝えしていた、神奈川県・東京都への視察の様子をおさめた写真です。

柿の実幼稚園にて
   

  

株式会社アイムにて
   

   

   

キャメロットインターナショナルにて
   



東京大学大学院教教育学研究科付属発達保育実践政策学センターにて
   



開成中学校・高等学校にて
   

>>記事の一覧はこちら

2017年11月14日 県外視察にいってきました

●第15回熱血杯ゴルフコンペ開催されました!
去る10月28日(土)、『新岡山ゴルフクラブ』にて「第15回 熱血杯ゴルフコンペ」が開催されました。当日は、朝からあいにくの強い雨だったため、午前中での打ち切りとなりましたが、雨の多いイギリス発祥のスポーツということもあり、覚悟の上での参加だったのでしょうか、午後から後半戦に挑んだグループもありました。多くの企業から商品を寄贈していただき楽しい成績発表となりました。


●敬老会イベントに参加しました。
10月29日(日)、吉備学区敬老会と、綾南学区敬老会に参加しました。
「元気が一番」というテーマで、人間の体の末端である、手の指先が自在に動かせることが大切、そのための運動方法などをはなし、来年も元気でお会いしましょう! と、スピーチさせていただきました。


●特別委員会県外視察に行ってきました。
10月31日(火)~11月2日(木)の3日間、「教育再生・子ども応援特別委員会」のメンバーとして、神奈川県および東京都へ視察に行ってきました。

まず最初に訪れたのは、神奈川県川崎市にある『柿の実幼稚園』。
現在1005名の園児が在籍する同園は、「よく遊び、よく学べ」をモットーに「全人教育」を教育目標に掲げ、教員、保護者、園児が三位一体となった保育が行われています。
周囲を山と畑に囲まれた、自然豊かな環境の中、山野を飛びまわり、生き物と仲良くなり、芋や大根を植え育てるという姿に、かつての小学校教員時代を思い出し、子どもの教育の理想郷がここにあると痛感しました。この園での取り組みをモデルとし各所で展開していく必要があると強く感じました。

次に訪れたのは、同じく川崎市にある『株式会社アイム』でした。
ここは発達障害を持つ子の支援施設で「放課後デイサービス」という事業を展開しています。
もともとは、障がいを持つ我が子のために一人の父親が始めたもので、例えば、創作活動を得意とする子には「エジソン放課後」、音楽に興味を持つ子には「モーツァルト放課後」などと名付けた活動の場を設けて、子どもたちの持つ個々の才能や興味を伸ばすことを目的に、そのための環境作りに力を注いでいるすばらしい施設でした。
子どもたちが家庭に閉じこもることなく、のびのびと活動している光景には大変共感を覚えました。

ついで訪れたのは、東京都にある『キャメロットインターナショナル』。
ここでは、幼稚園児のときから、園内ではすべて英語のみを使用。小学生にあがるとすべての教科が英語で授業される学校です。
もちろんその英語力はネイティブに劣らぬハイレベルなもので、これからの社会において、グローバルに活躍する人材育成という観点ではすばらしい学校でしたが、個人的な見解としては、幼稚園だけならばまだしも、学力の基礎を学ぶ小学生の段階で英語での授業を行うことの意義、本来通う学区の小学校に行かず、ここで学ぶことは適切ななのかと言った、いささかの疑問を感じました。

次は、『東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター』を視察しました。
ここは、現在ほとんど未開拓とも言える分野である、乳幼児の発育や保育、幼児教育の実践、政策に関する研究を行っている場です。2015年に同大学の付属施設として認可されたセンターで、今はまだ研究期間は短いですが、今後“就学前教育の義務化”などの問題とあわせて注目を集める研究分野だと思われます。
研究に携わる助教授に「待機児童対策」と「保育の質の向上」のためにはどうすればよいのかについて意見を伺ってきました。

最後に訪れたのは、『開成中学校・高等学校』でした。
言わずとしれた有名進学校で、今年度の東大合格者数は161名。早稲田大学195名、慶應大学170名をはじめ、海外の大学にも22名の進学者を輩出しています。
さぞや勉強漬けの学校生活かと思いきや、意外にもこの学校の特徴は、生徒の自主性を重んじていること。課外活動にも積極的で、個性を発揮し、集団の一員として強い自己を確立し、たくましい人として成長をすることを目指した教育を実践しています。受験のための勉強ではなく自主性を伸ばす教育が大切だということが実証されているといえます。
「開成」の“開”は「自己の素質を開花させる」“成”は「人としての務めを果たす」を意味するそうで、教師・生徒共にその目標に向かって取り組む姿に感銘を受けました。

2泊3日の県外視察でしたが、非常に満足のいく実り多いものとなりました。

>>記事の一覧はこちら

2017年09月30日 9月定例会にて、51回目となる一般質問にたちました。

9月5日(火)より開始されている、平成29年度9月定例会の場において、20日(水)に一般質問を行ってまいりました。
51回目の一般質問となる今回は、かねてより疑問に感じていた政党機関紙に関する議案をはじめ、下記の3案件について問題提起をいたしました。

(1) 政党機関紙等の購読に関して
本庁知事部局や教育委員会などで、多量に定期購買されている政府機関紙、特定宗教団体広報誌などの、購読部数や購読料は適正な数値といえるのか。 また、それらを公費で賄うのはおかしいのではないか。

(2) 教育研究全国集会に関して
去る8月18日(金)~20日(日)までの3日間、岡山シンフォニーホールにて「全教(全国教職員組合)」の教育研究全国集会が開催されました。 警備のため、県警は27都道府県から約450名の支援部隊と合わせて延べ2600名による万全の警備体制を敷きました。結果、懸念されていた右翼団体による抗議デモや混乱もなく、無事終了することができましたが、果たしてこれほどの警備を要する集会の意義とは何なのか。また、それらの費用はいかばかりだったのか。

(3)コンビニの防犯対策について
ATMを利用した特殊詐欺や電子マネー詐欺など、コンビニを舞台とした犯罪がニュースを賑わすなか、先般、吉宗地区でも高校生4人を含む5人組のコンビニ強盗が発生しました。今後の防犯対策やコンビニ間の連携など、県や県警に更なるリーダーシップの発揮を請いたい。

※詳細についてはこちらから。 

式次第および51回目一般質問(PDF) 定例会はどなたでも傍聴が可能です。
ぜひ一度一般公聴会にご参加ください。 併せて、岡山県議会HPで会議の動画をネット配信しています。 http://www.okayama-pref.stream.jfit.co.jp/

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績