熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2020年08月19日 残暑お見舞い申し上げます

思えば2年前、7月初旬より降り続いた雨は、豪雨となって岡山を襲い、河川の堤防は9か所にわたり決壊し、計り知れないほどの災害をもたらしたのであります。お亡くなりになりました方々に、慎んで哀悼の意を表するとともに、なおいまだ仮設住宅にお住いの方々は3‚000名を遥かに超えており、併せて心からのお見舞いを申し上げます。岡山県は、災害発生以来、直ちに945億円の緊急の予算を計上し、令和2年度の災害対策費も加えますと、1‚380億円の災害復旧費を充てたものの、復興への道のりは、いまだ遠いのであります。ただただ1日も早い復旧と復興を祈るばかりであります。

さらには、令和2年に入りますと、中国・武漢発のコロナウィルスの感染が拡大し、世界中に拡散され、国連・WHO(世界保健機構)は、これをパンデミックとして、その感染防止策に取り組むことになったのであります。我が国においても、緊急事態宣言が発せられ、国民の様々な生活や経済活動に対して、自粛要請がなされたのであります。その結果、国民の生活は元より、経済また活力を失い、不安を増幅し、希望は衰退するばかりとなりました。誠に憂うべき状況にあります。しかし、今こそ力を合わせ、コロナウィルスという見えない敵と戦って、国難を乗り越えなければなりません。改めて、1日も早いコロナの収束を願うとともに、県民福祉の向上に全力を傾注して取り組む所存であります。残暑のお見舞いと同時に、コロナ禍のお見舞いを申し上げます。 

さて、平素は、地域発展のためにご尽力を賜り、心からの敬意と感謝を申し上げます。小生、春の臨時県議会において、岡山県議会第71代議長として選任されました。その責任の重大さに、身の引き締まる思いであります。県民市民の負託に応えるべく、県政発展のために全力投球してまいります。「はたと困ったら波多の頼め、用事があったら洋治に頼め!」は、18年前の初当選以来のキャッチフレーズであります。身体健全、やる気満々の政治活動に奔走いたしております。どうぞ他事ながらご安心ください。

>>記事の一覧はこちら

2020年05月24日 第71代岡山県議会議長就任御礼挨拶



令和2年5月15日、岡山県議会臨時会において正副議長の一身上の都合によって辞任され、新たな正副議長を選出するための選挙が行われました。議員総数55人による単記無記名選挙におきまして、45票を獲得し、圧倒的多数によって、名誉ある第71代岡山県議会議長当選の告知を戴きました。誠に身に余る光栄であります。謹んでお受けいたしますと同時に、心から厚く御礼を申し上げます。歴代に議長の功績を思えば、これからの職責の重さに、大変、身の引き締まる思いでございます。元より、浅学非才・未熟者ではございますが、県政発展と県民の福祉向上のために、伊原木知事を初め、県執行部の皆さんと、互いに切磋琢磨し、緊張感のある車の両輪となって、努力精進したいと念じております。先ず以て皆様方のご指導とご鞭撻を、心からお願い申し上げます。

議長就任に当たり、早速に各界各層から、祝電・メッセージをお届け下さり、身に余る激励と祝意を賜りました。また議長室と応接室を、数えきれないほどの蘭の御花で、美しく華やかに飾っていただきました。いよいよ気を引き締め、脇を絞めて、意を新たにしたところであります。

誠にありがとうございました。

さて、本年は、伊原木県政二期目の総仕上げの年であるとは言え、果たして総仕上げになるかどうか、重要な課題に面しているのであります。

その第1は、新型コロナウイルスの感染症対策の問題であります。果たして収束できるのか。経済再生・暮らしの再建ができるのか。元気で活力のある岡山県に復活できるのか。県と議会は、どのような対策を迅速に打ち出せるのか、というコロナ対策であります。

その第2は、西日本豪雨からの復興復活であります。災害発生の2年前に、県は緊急復旧対策費として、945億円の補正予算を立ち上げ、令和2年度当初予算と併せると実に1‚388億円の豪雨災害対策費を計上していますが、復興への道のりは遠く、今なお3‚800人以上の人が仮設住宅での生活であります。住民の暮らしを守り、地域の経済再生に、更なる復興復旧への加速が求められているのであります。

その第3は、教育再生であります。緊急事態に対応するため、止むなく学校休業策を打ち出したものの、学力差の懸念や不登校児への対応など、教育分野における課題も山積しており、まさしく、活力ある県政の復活は、正念場を迎えております。

さらには、少子化・高齢化社会に突入し、人口減による諸般の活力が失われつつある今日の状況の中で、人口増対策はまさしく喫緊の課題であります。また中山間地域の活性化策として、新たな雇用を創出する企業誘致策、重要な食料の分野を担う農業振興策等、県経済の活性化を牽引する産業振興策も大きな県政の課題であります。

この時にこそ、我々は議会人として何ができるのでしょうか。我々は、現場人であります。県民の、最も身近なところで、現場の声を聞き、その思いを背に、行政に届け、予算と行政サービスを以て、お返しをしなければなりません。新年度予算の議論を重ね、令和2年度には、一般会計総額7‚465億円であります。これからが、復興や復旧に、県民の声を届ける時であり、その政策や予算執行が、適切妥当であるか、提言・審査をすることであります。それは地方自治法に基づく、我々議会の権限であります。そして岡山は良くなった、岡山に住んで良かった、と実感できる岡山県に育てなければなりません。

終わりになりましたが、私は、岡山大学で教師の道を学び、空手道部で、厳しい縦糸の人間関係を体験的に学び、36年間公立学校の教師を務めました。その教師の延長線上に、政治家としての道がありました。今後共、愛と情熱を以て、県政改革・教育改革に挑戦していく覚悟であります。初当選をした平成15年以来、変わらぬキャッチフレーズは、「ハタと困ったら波多に頼め、用事があったら洋治に頼め」であります。また、私の座右の銘は、「忍苦精進」であります。たとえ、どんなに辛く、苦しい時でも、忍の一字で努力精進すれば明るい希望が見えてくる、未来を切り開いていくことがは出来る、という思いであります。

このたびは、戦後最高齢(76歳と8ヶ月)の第71代議長就任、岡大卒業生で初の議長就任、島根県隠岐島出身の初の岡山県議会議長、そしてお祝いに届けられた蘭の数の160鉢を超える華麗さなど、誠に身の引き締まる船出でありました。ただただお支えを戴いた皆様に感謝の思いで、一杯であります。

どうぞ、いち早くお祝いをお届け下さいました支援者の皆様、諸先輩・同僚の議員の皆様方はもとより、伊原木知事を初め執行部の皆様方、報道関係の皆様方、そして何よりも、県民の皆様方のご支援・ご協力をお願い申し上げ、議長就任に当たっての挨拶とさせて戴きます。

就任早々の公務に追われ、御礼が遅くなりましたこと、心からお詫び申し上げます。

ありがとうございました。[令和2年5月吉日・感謝を込めて]

>>記事の一覧はこちら

2020年03月31日 3月31日(火)新型コロナウイルス

新型コロナウイルスが猛威をふるうなか、先般、岡山でもついに3名の感染者が確認されました。罹患された方をはじめ、影響を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
世界各国で、緊急にして重大課題として終息に向けての積極的な取り組みが行われています。言うまでもなく、日本国内においてもさまざまな感染防止対策が取られていますが、日ごと感染者数は増加。依然気の抜けない状態が続いております。ヨーロッパやアメリカに比べて感染者数は少ないものの、クラスター(集団発生)も起きており、東京都のロックダウン(都市封鎖)も現実味を帯びてきている状況です。
 
今回の新型コロナウイルスは、若年層は感染しても比較的軽症であることが伝えられています。そのため、若者の間である種安心感があるのか、無自覚な若者たちによってウイルスが拡散されているケースも少なくないようです。
現在、全世界で80万人を超す感染者が発生。長年、芸能界の第一線で活躍されてきた、志村けんさんも発症からわずか一週間ほどで命を落とされました。
たとえ感染しても、軽症で済むから大丈夫と安易に考えるのではなく、自らが不用意に拡散させたウイルスによって、大事な人や大切な人の家族、友人が命を落としかねないことを自覚し、今はただ“忍”の一文字で自らがなすべきことをきちんとなすという心構えのもと、不要不急な外出は極力自粛してほしいと思います。
 
そんな最中、懸案だった「東京2020オリンピック」はちょうど一年間延期、来年の7月23日からの開催が決定しました。
すでに選手に確定している方たち、今後の選出に挑む候補者の方たち。どちらにとっても、日程がはっきりしたことで安心してトレーニングに専念できることと思います。
 
私が携わっている(岡山県空手道連盟会長)空手道でも、大きな影響がでています。
小中学校の大会はもとより、高校生のインターハイ、大学生のインターカレッジなど、競技大会はことごとく中止もしくは延期になっています。もちろん、残念な思いはありますが、今は我慢のとき。一日も早い鎮静化を願っています。
 
〈2月定例議会について〉
東日本大震災から9年目となった3月11日(水)。第56回目の一般質問に登壇しました。
 
今回は、新型コロナウイルス対策に関する知事の意気込みを問いました。併せて、教育長には、一斉休校の間は不登校児対策へ本気で取り組む時間ととらえ、現場の教師が愛と情熱をもって対応にあたるべきだと提言しました。
また産業労働部長・県民生活部長には、労働者不足の解決策として外国人の積極的な受け入れが進むなか、それに対しての環境作りや支援対策について問いました。
 
※詳細は一般質問のPDFをご覧ください
 
〈奇跡のバナナ著者 田中節三さん後援会〉
私は兼ねてより、次世代の農業を担う若者支援に力を注いでいます。その一環として「明日の農業を語る会」を結成、定期的に会を設け農業現場の問題や要望を聞く場としています。ときには、仲良く酒を酌み交わしながらざっくばらんな意見交換を行なったりしています。
 
先日、その会で『奇跡のバナナ』の著者、田中節三さんを招いての講演会を催しました。田中さんは、岡山の気候でおいしいバナナの栽培に成功し、日本だけでなく、世界中で農業革命を起こした人として一躍時の人となった方です。
過日、数人で田中さんのご自宅を訪問して貴重なお話を拝聴するうち、この話をもっと多くの農業関係者に知ってほしいとの思いが沸き企画したものです。
 
講演会当日は、50~60人の農業に携わる若者が集まりました。
時節柄、参加者全員がマスクを着用。十分な間隔を空けて座り、すべての窓を開け放っての講演会となりましたが、みな熱心に耳を傾けていました。
農業革命はバナナ、パパイヤ、コーヒー、アカシアハイブリッドだけではなく、米や果物、野菜にも活用できるヒントがたくさんありました。
講演終了後も、熱心に質問する若者の意欲的な姿が、私の目にはとても頼もしく映りました。

>>奇跡のバナナ講演会(PDF)

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら