熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2017年02月15日 はたようじ 1月後半の活動報告(1月23日〜31日)

1月23日(月)  至誠館の寒稽古が1週間の予定で始まりました。
できるだけ参加したいと思いますが、夜のスケジュールがほとんど詰まっており、1週間のうち、2回程度の参加しかできないことを残念に思います。子供たちは、寒さにめげず、皆勤賞を目指して頑張ってほしいと思います。寒稽古納めは1月29日です。

夜6時半、プラザホテルで岡山県武道団体連合会と岡山県武道振興議員連盟ならびに岡山市同議連の合同新年会が開かれました。
私達は、ともに武道の振興を図り、武道教育を通して次代を担う子ども達の健全育成を目指していますが、同時に、県民皆さんの後押しをいただいて、新しい武道館建設を目指しています。県議会や岡山市議会において、新武道館建設について前向きな取り組みを期待しているところです。


1月24日(火)  岡山県飲食業生活衛生同業組合の新年会が午後2時からアークホテルで開かれました。
私は、「岡山県のおもてなしは、美味しい食べ物、美味しい飲み物にあります。ですから、ご来岡の皆さんがまた岡山に来たいと思えるような、おもてなしをお願いします」と挨拶をいたしました。

午後4時、3丁目劇場の活性化策検討会がアークホテルで開かれました。
今、3丁目劇場に行くと、「平成25年3月31日をもって閉鎖します」と張り紙がしてあります。4億5千万円をかけて購入した3丁目劇場はこの4年間眠り続けています。地域活性化のために3丁目劇場をどのように活用するか、それらの問題について検討をいたしました。
岡山市は、「耐震化工事ができていない老朽舎」ということをもって、3丁目劇場を閉鎖したままにしていますが、大変もったいない話であります。なぜ市民の財産を眠らせているのか、行政にも議会にもお願いしたいところであります。

午後6時、アークホテルで、恒例のニ四会が開かれました。一次会、二次会、三次会と続き、大変賑やかで楽しい会となりました。


1月25日(水)  県議会常任委員会が開かれました。
当初予算を検討する時期となり、いくつかの質問、意見を申し上げました。さらに次回(2月2日)にも、
質疑応答は続けられます。県民の目線で、県民の福祉の向上につながる、適切で妥当な予算を組んでいただきたいと思っています。

夜6時、3丁目劇場活性化検討会が開かれました。2人の市議会議員をお招きし、今後の取り組みについて検討いたしました。


1月26日(木)  教育再生こども応援特別委員会が開かれました。
昨年12月末、高校1年の男子生徒が母親を殺害するという事件が起こりましたね。その問題が提起されたので、私も若干の意見を申し上げました。子どもが親を殺すというのは尊属殺人と称し、もっとも罪の重いものであります。本来ならば、子どもが親を守らなければなりません。子どもが親を殺すということなどは、もってのほかであります。なぜこのようなことが起こるのか、その原因を真摯に考えなければなりません。
教育の現場において、守るべきものは何かを教えていますか。守るためには、戦う覚悟がいることを教えていますか。戦う覚悟がないものには、守るべきことも守れないということを教えていますか、などの意見を教育委員会に申し上げました。

この日、初めて寒稽古に参加をしました。道場生の段級審査があり、足守支部の人も参加をいたしました。
「3日相見ずんば、旧時をもって観るなかれ」という言葉があります。子ども達は、1日1日の稽古を通してどんどん変容しています。動きも、技の切れ味も、目線も、態度も変わっていきます。それを適切に見届けることが指導者として大切なことであります。


1月27日(金) 6時半から建設業懇談会が開かれました。
若い青年が、「建設業をやりたい」ということで、どのようにしたら建設業の許可が取れるか、そして、建設業を継続するためにはどうしたらよいかなど、建設業に関わる基礎基本の話し合いをいたしました。


1月28日(土) 午前11時からプラザホテルで、参議院議員片山虎之助先生の新年会が開かれました。
片山先生は自民党を離れ、現在、維新の党の共同代表をなさっています。維新の党は与党に対して是々非々の対応をすると明言をしていますが、憲法改正の方向など、基本的に一致する政党であると考えています。
従って、維新の党の活躍を密かに願っております。
この日、片山先生のご子息、大介氏にもお会いできました。大介氏は、昨年夏に兵庫県から参議院選挙に出馬し見事に当選をされましたので、お祝いを申し上げました。

夜7時より、我が社(株式会社雄豊)の新年会が開かれました。
今年は、会社設立以来ちょうど15年目の年に当たります。設立以来、まがりなりにも右肩上がりで業収益を上げております。社長である長男の経営手腕や、人のつながりを大切にする生き様に感心をしております。


1月29日(日)  朝9時から、一週間頑張ってきた寒稽古納めの行事が行なわれました。
全員で練習をした後、保護者会が作ってくれたおにぎりと豚汁を食べながら楽しいひと時を過ごしました。
段級審査の発表も行い、皆勤賞のご褒美もあげて、道場生たちの頑張りを讃えました

午後1時より、野々口の後援会の皆さんと「牡蠣を食べる会」をいたしました。二十数名の皆さんとともに、牡蠣の美味しさを堪能しました。

午後7時より、岡山県実業軟式野球連盟の新年会に出席いたしました。
民間企業の若者たちが野球チームを作り、朝起き野球や、年間を通してのトーナメント戦を行い、野球を楽しんでいます。家庭や会社との両立が大切であり、今年も怪我のないように楽しい野球大会をしましょう。


1月30日(月)  2月2日の常任委員会の予算質疑に向けて、資料収集に当たりました。
まずはじめに、私学協会の幹部と懇談をし、その後、吉備中央町の希望学園の調査に当たりました。万全の質問の用意ができました。

夜6時より、昨年急逝した、空手道OB会副会長であった後輩を偲ぶ会が開かれました。
二次会では、宴会のたびに彼が歌っていた懐かしいカラオケを歌い、彼の朗らかさや人付き合いの良さ、
友達を大切にする心など話し合いながら、彼の功績を忍びました。


1月31日(火)  午前11時から、私の事務所の応接室で、池田動物園をおうえんする会の幹部会が開かれました。岡山市議会に対し陳情書を提出することとなり、それについてどうしたらいいか、その取り組みについて協議をしました。

夜6時からは、隠岐の島出身の懇談会が開かれました。4人のメンバーが集まり、隠岐の島談義に花を咲かせました。隠岐の島を語るたび、隠岐の島を聞くたび、元気をもらっています。

>>記事の一覧はこちら

2017年02月15日 はたようじ 1月後半の活動報告(1月16日〜22日)

1月16日(月)  池田動物園の中にある食堂で、池田動物園をおうえんする会が開かれました。
池田動物園をおうえんする会は、これからどのように運動を展開していくのか、動物園に対する来園者の増強や財政的な支援策についてなど話し合いました。
また、昨年から始めている公的支援をお願いするための、署名簿の整理などが行なわれました。そこには、RSK・KSB・TSCのカメラも取材に入っておりました。私は見ておりませんが、翌日17日のテレビで放映されたようです。


1月17日(火)  地元白石町内会長と土木水利委員からの陳情で、県民局工務1課を訪ねました。
山陽本線の南側から白石橋に至る間、そして、山陽本線の北側周辺の草木伐採、浚渫の陳情をして帰りました。私達議員は市民から付託されて選ばれたわけであります。市民の思いをしっかりと背中に背負って、行政側に届け、そして市民のために行政サービスや予算をもってお返しするのが、仕事であります。ですので、市民の皆さんの要望を受けたら、迅速に対応することが大切であります。市民の想いにどう応えるか、フットワークの良さも議員にとっては大切なことです。

夜7時からは、和気、清水、動物園を応援する会の会長、そして株式会社池田動物園役員との懇談会がありました。現在の京山に位置する池田動物園の周辺環境の整備、例えば、アクセス路や駐車場の整備など。また、動物園のトイレの改修、厩舎のペンキ塗りなど、動物園を移設するのでなく現状の位置にあって、来園者のために何をしたらよいのか具体的な話をいたしました。
そして、署名活動の結果、約65000筆の署名をいただきましたので、これを岡山市に届け、岡山市が池田動物園の運営に携わってくださるような陳情を展開していこうなど、話し合いをいたしました。


1月18日(水)  楢津、矢坂方面の草木伐採や浚渫について県民局工務1課と話をいたしました。
10年前、この楢津方面の左岸側・右岸側の両側を、数キロにわたって草木伐採をしました。以来、10年も経ちますので、草木伐採の必要性が迫られている場所であります。来年度の予算には、ぜひ、ふるさとの川をリフレッシュする事業を展開していただきたい旨、陳情させていただきました。


1月19日(木)  砂川の維持管理について地元選出の市会議員より陳情を受け、対応策について協議をしました。地元市議は、地域住民より河川の改修の要望をいただくと、すぐ私のところに要望してきます。
私はできるだけ素早く対応するようにしています。また、県民局の皆さんが、地元の想いを理解をしていただき、いつも速やかに対応してくださることに感謝をしております。


1月20日(金)  庄東いこいの家で、人口減と地域活性化策について、2時間の講演をさせていただきました。集まった30人ほどの皆さんに、これからの日本の抱える課題や、地方の問題など、ざっくばらんにお話をさせていただきました。
1月21日(土)  行政書士会の新年会がプラザホテルで開かれました。私は、岡山県行政書士会の顧問をしております。県議会でも、行政書士の皆さんの活動を何らかの形で支援できないかと考え、行政書士会を応援する議員連盟を立ち上げることを検討しております。

同じく夜7時からは、岡山大学空手道部旭空会の新年会が、現役を交え大衆酒場で開かれました。先月、OB会副会長がガンのために急逝されましたので、その後継者として、新たに第23期の後輩を副会長に選任しました。また、春の合宿は至誠館で行うことなどを協議したのち、楽しい無礼講の宴会に入りました。
最近、OB達が疎遠になる中、我が空手道部のOB会は平均して月に1回程度、やれ理事会とかやれ常任理事会とか、現役にかこつけた大会の壮行会とか慰労会とか、いろいろと銘打って飲み会を計画しています。同じ釜の飯を食べた仲間で酒を酌み交わす事によって、卒業後の長い間、ほとんどつながりのなかったOB達がよく集まるようになりました。よく語らうことでどんどん仲良くなり、後輩達の応援が活発になるなどOB会の発展が目に見えるようで大変嬉しい思いがいたします。


1月22日(日)  午後一時からGLA講演会に参加をいたしました。
GLAは、宗教団体ともいえるし、 人生相談の会ともいえるし、人生をよき方向に導く会ともいえるし、いまだ、その内容を掴んではおりませんが、代表の高橋佳子さんの講演には非常に力強いものがあり、自信に満ち溢れた講演に惹きつけられます。大勢の会員みなさんが、シンフォニーホールを埋めていました。

夜7時から、我が空手道場至誠館 慈恩の間で、空手道の未来を語る会が開かれました。
ちょうどテニスの全豪オープンが開催されており、テレビ中継を見ながら空手道というスポーツ、テニスというスポーツの違いについて話をいたしました。空手道はアマチュアの世界でありまして、テニスのようなプロの世界ではありません。果たしてそういう仕組みができるかどうか、というお話もいたしました。

>>記事の一覧はこちら

2017年01月26日 はたようじ 1月前半の活動報告(1月9日〜15日)

その20. 1月9日、9時半より、武道館鏡開き式です。
弓道、県道、柔道、古武道など、たくさんの武道団体が奉納演武をいたしました。

その21. 午後1時半より、国際交流センターの2階で、日韓トンネル・国際ハイウェイ推進岡山県民会議が開かれました。
日韓トンネルが実現すれば、日本・韓国が一本の道で結ばれます。さらなる飛躍が展望できるとは思います。しかしながら、およそ20兆円の資金等を考えると、困難な道のりだと思います。


その22. 1月10日、千葉県木更津市に向かいました。
立正大学の空手道部の井下田先輩が待っており、空手道談義に花を咲かせました。


その23. 1月11日、午後3時より、我が県政会の土地改良議連の仲間達と合流し、農林水産省を訪問いたしました。
農村振興局整備部設計課課長から、平成29年度の農業農村整備関係予算について講演をいただきました。その後、農村整備事業土地改良制度、中山間地域対策、耕作放棄対策、鳥獣害対策等についての意見交換をいたしました。
その後、農林水産省地下1階のレストランで交流懇親会が開かれました。加藤勝信一億総活躍担当大臣、石井正弘参議院議院、池田道孝衆議院議員も出席をされ、農林水産省の幹部の皆さんとともに、交流を楽しみました。

その24. 11日の夜は、宇野小学校の教え子達が4人集まり、居酒屋で楽しい同窓会をしました。
48年前もの教え子達で、私はまだ20代の頃です。大変長い月日が経っているのにもかかわらず、人間的には何も変わっておりません!小学生時代そのままの人間性に驚きもし、感動もしました。三つ子の魂100までといいますし、人格形成は、3つ4つといった“つ”が取れるまでともいいます。まったくもって、その通りなのかなあという思いでした。


その25. 1月12日、秋葉原から 柏の葉アーバンデザインセンターを訪問しました。
この地域は住友不動産が中心となり、民・官・学が一体となった柏の葉スマートランドを形成しております。落ち着いて安全で住みやすい街づくりをしていることに、感動をいたしました。

その26. 1月13日、今年始めての常任委員会が開かれました。
平成29年度の県予算の執行部説明があり、質問・意見は次回に回されます。

その27. 午後6時より、小川、鷹取、両市議との市政懇談会を開きました。
三丁目劇場の再開発の問題について話し合い、周辺商店街地域の活力創出のために何をしたらいいのか、何をすべきなのかを、ざっくばらんに話し合いました。


その28. 1月14日、午前11時より、民団の新年賀詞交歓会がロイヤルホテルで開かれました。
岡山県からは、先月就任したばかりの副知事や、国際課長なども出席されました。県議会からも大勢の県議団が出席をし、また、市議会議員や県下の財界のメンバー達も集まり、約300人による大変にぎやかな新年会でした。

その29. 民団の会を退出した後は、街頭演説のため岡山駅前のビックカメラ前に向かいました。
1月14日は、尖閣列島開拓の日であります。1895年(明治28年)のこの日は、我が国が尖閣列島を固有の領土として、世界に宣言をした日でもあります。にもかかわらず、1990年当初、国連による海底地下資源調査によって、「尖閣列島海底には、イラクが埋蔵するほどの1000億バレルを超える原油が埋蔵される」という報告があったために、それ以後中国が尖閣は自分の国のものだと主張をしております。

尖閣列島は、度重なる中国艦船の領海侵犯が繰り返されている地域です。中国は、日本は専守防衛であり、銃を打って反撃する等ができないことを知っているのです。非常に不法というか無謀というか、本当に日本人をバカにしたような攻め方をします。

尖閣は、わずか5.5km2、小指の先ともいえるような小さな島、5つの島と3つの岩礁からなる島です。けれども、我が身を割く、自分の身が割かれるような、そういう思いで、この問題を考えなくてはなりません。日本が今は実効支配をしている島ですけれども、いつ何時、中国に実効支配をされるかも
分からない、そのような危険を孕んだ区域であります。

我が国は、エネルギー資源を中近東の石油産出国から輸入しています。あの地域はまさしく重要なシーレーンであります。我が国の核心的利益となる場所であり、生命線なのであります。なんとしても守らなければいけないのですけれども、我が国が断固とした強い態度が打ち出せないのは、結局は憲法に問題があるのであります。「県民の皆さん、目を覚ましてください!」と、寒風吹きすさぶ中、街頭に立ってお訴え申し上げました。


その30. 1月15日、午前9時半より、吉備中央町ロマン高原かよう総合会館で消防団出初式が開かれました。
この日は、寒波襲来で吹雪となった荒れたお天気でした。積雪で道路は埋まり、大変危険な目にあいながら、やっと現地にたどり着きました。雪道を運転するなど慣れないことに遭遇し、身の危険を感じることもたびたびありました。


その31. 午後0時、野々口の町内会役員と、うどんを食べながら懇親会をしました。
念頭の挨拶、そして、「今年も、後援会の活動に力添えをお願いします」と挨拶をいたしました。


その32. 午後2時より、吉尾町内会総会に出席をいたしました。
我が「明日の日本のために」の本を全員の皆さんに配布し、年頭所感を申し述べました。

その33. 午後5時より、岡山県空手道連盟の新年会がロイヤルホテルで開かれました。
逢沢一郎先生、山下たかし先生も駆けつけてくださいました。「空手道の普及と発展のために団結して頑張ろう!」と、挨拶をさせていただきました。


といように、大変多忙な日々でありますが、1月後半も頑張ってまいります!

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら

熱血会 はたようじ後援会事務所 地図を表示

定例会 会議録

明日の日本のために

波多洋治を支援する企業熱血会のご案内

北朝鮮拉致 署名にご協力ください

5年間の議会質問実績